第1回 最先端のVR研究室で「無限階段」を登ってみた

 目の前には螺旋(らせん)階段があって、天空まで続いている。

 一歩一歩、段を踏みしめながら登っていく。

 無限に続くかのような螺旋の先にあるのは月。

 きっとこの階段は、あそこまでつながっている。

 ぼくがひたすら足を動かし続ければ、いつか届くだろう。

 とはいえ永遠に登り続けるのは、さすがに無理だ。

 足を止めて天を見上げると、巨大な月がぐるぐると回って見えた。

 目眩を感じ、足がぐらつき、ただ立っているだけで精一杯になる。

 あわてて階段を降りて地上に戻ろうとするが、今度は勝手が違う。うまく下れない。

 それでも、何段か下るとコツが分かって、ぼくは再び地上に立つことができた。

 ふっと一息ついて、もう一度、夜空を見る。そこには、軌道塔のような螺旋階段と頭にのしかかる巨大な月。

 この無限に思える階段を登りきる勇者がいずれ現れ、異世界への扉を解き放つ。そして、壮大な物語が始まる。

 そんな未来を予感する……。

 2017年8月末に、東京大学大学院情報理工学研究科の廣瀬・谷川・鳴海研究室を訪ねた時のこと。

 研究室の「3トップ」に名を連ねる鳴海拓志講師の案内で、いわゆるVR(ヴァーチャルリアリティ、人工現実感)の最先端の研究を特別に体験させてもらった。そのうちのひとつが「無限階段(Infinite Stairs)」だった。

月まで届く「無限階段」を体験中。このとき、PCのディスプレイに映っている映像が見えている。
[画像のクリックで拡大表示]