第5回 ツシマヤマネコの保護はどれだけ進んだのか

 ツシマヤマネコの保護増殖計画は、絶滅を危惧される日本の哺乳類を対象としたものとして、ひとつのパイロットプラン的な立場にある。

 転機となった2006年の国際ワークショップで議論された4つのテーマとは、どのような内容で、10年たった今どんなふうに実を結んでいるだろう。ひとつひとつ見ていこう。

関係者が一堂に会した2006年の「ツシマヤマネコ保全計画づくり国際ワークショップ」。パイロットプランと呼ぶにふさわしい方策が議論された。(写真提供:羽山伸一)
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、おさらいすると、4つのテーマとは、「ツシマヤマネコと共生する地域社会づくり」「生息域内保全」「飼育下繁殖」「感染症対策」だ。

井の頭自然文化園のツシマヤマネコ。
[画像のクリックで拡大表示]

 最初の「ツシマヤマネコと共生する地域社会づくり」は、豊岡コウノトリの郷でコウノトリを野生復帰させて地元の「プライド」にした経験を持つ人物が座長をつとめた。ヤマネコと利害関係がある農業や林業の従事者たちなどから意見を吸い上げ、相互の議論をうながした。実は、小中高校生も参加しており、対馬でヤマネコと共生する未来社会を思い描いた。

 2017年の時点では、羽山さんが1990年代末に感じたような「無関心」は改善している。コウノトリの郷にコウノトリブランドの無農薬米があるように、対馬にもヤマネコの食べ物を提供できる無農薬の水田で作られた「ツシマヤマネコ米」がある。ヤマネコと密接な関係にあった木庭作(焼き畑)を小規模ながら復活させたグループもいる。ツシマヤマネコの環境を理解するエコツアーも行われているし、地元の小中学校ではヤマネコについて学ぶことも増えた。

 印象的なのは、ツシマヤマネコについて考える時、人は対馬の自然や歴史や文化と切り離せないものとする傾向にあることだ。ヤマネコを紹介するウェブサイトを閲覧していると、必ずのように対馬の自然と歴史、文化に目を配った上で、ヤマネコが登場する。絶滅危惧種への注意喚起は、自らの立ち位置の再確認につながる。