米CIAが消したという陰謀説も 利権のカギ握る幻の島

ヘンリー・S・タナーが制作した『メキシコ合衆国地図』(1826年)
[画像のクリックで拡大表示]

 国と国との領土問題において、歴史的経緯や領有の証拠資料として古地図が引っ張り出されることは多い。ナショナル ジオグラフィックの書籍『世界をまどわせた地図』には、そんな争いのなかで人々を翻弄した地図も登場する。例えば、16世紀から19世紀のメキシコ湾の地図には「ベルメハ」という島が描かれていた。この幻の島が、まさか「米CIAに消滅させられた」という陰謀説まで生まれるほど物議を醸すことになるとは、当時の地図制作者は夢にも思わなかっただろう。

豊かな油田のある海域

 海洋法では「ドーナツの穴」と呼ばれる領域が発生することがある。これは1982年に採択された国連海洋法条約によって生じる法律の空白地帯のことだ。この条約では、各国の沿岸から200海里(約370キロメートル)の海域を排他的経済水域(EEZ)と定め、主権的権利と管轄権を認めている。ドーナツの穴は、隣接するいずれの国の排他的経済水域にも含まれない穴のような海域のことで、公海とみなされる。

 メキシコ湾にも数カ所の「ドーナツの穴」がある。そして、ある理由をめぐって米国とメキシコの間で緊張状態が続いている。その理由とは石油だ。メキシコ湾には非常に豊かな油田があり、両国にとって極めて重要な意味を持つ。この海域の主権をはっきりさせることは急務なのだ。

 そこで、この海域の昔の地図が引っ張り出された。16世紀頃から、海図にはメキシコ領として「ベルメハ」という島が掲載されていた。ベルメハ島はメキシコ湾の奥にたたずむ小さな島だが、その存在は現在に至るまで一度も正式に確認されていない。もしベルメハ島を見つけ出すことができれば、メキシコの排他的経済水域は大きく広がり、その海域にある石油の採掘権を主張することができる。

タナーの『メキシコ合衆国地図』に描かれたベルメハ島(赤い四角で囲んだ部分)
[画像のクリックで拡大表示]

利権を広げるための捜索

 ベルメハが最初に地図に登場したのは、アロンソ・デ・サンタ・クルスが1539年に発行した『ユカタンと周辺の島』である。19世紀のメキシコ湾の地図にもユカタン半島の北海岸沖にベルメハ島が描かれている。アロンソ・デ・シャーべスが『航海士の鏡』(セビリア、1540年頃)の中で初めてベルメハ島の正確な位置を記録し、離れた場所から見た島の様子を「金色あるいは赤味がかっている」と記した。その後、シャーべスの記録を裏づけるような目撃情報は現れなかったが、19世紀までベルメハ島は海図に載り続けた。

 一方、当時のいくつかのイギリスの地図には、この島が謎に包まれたまま海に沈んだと記録されている。そして1921年版『メキシコ合衆国地図』を最後に、ベルメハ島は地図から姿を消した。

 米国とメキシコが「ドーナツの穴」を分け合うため、条約締結に向けて交渉の準備を進めていた1997年、メキシコ海軍艦艇が島の捜索に派遣された。艦隊はユカタン半島周辺を調査したが、島の痕跡を見つけることはできなかった。2000年にメキシコは条約を締結したが、メキシコ政府はベルメハ島がいずれ発見されるという希望を失わなかった。

次ページ:CIAの手で消されたのか

おすすめ関連書籍

世界をまどわせた地図

伝説と誤解が生んだ冒険の物語

130点を超える美しい古地図と貴重な図版・写真とともに、人々を翻弄した幻の世界を読み解いていきます。

定価:本体2,700円+税