第2回 “覚せい剤やめますか?それとも人間やめますか?”の弊害

 覚せい剤依存の治療について、従来とは視点を変えた取り組みが必要かもしれないと分かった。

 なら、まず、「依存」についてもう少し知っておこう。

 依存、という言葉をぼくたちは、日常的な場面でよく使う。

 この仕事は、あの人のスキルに依存している。某家の家計は、だれそれの稼ぎに依存している。あの人は依存体質だ。いつまでも親に依存するのはよくない……等々。

 これらは日常の言葉だ。

 一方で、依存症というと、医学の対象で治療が必要なものということになる。

国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦さん
[画像のクリックで拡大表示]

 依存症の「依存」と、日常的に使われる「依存」は同じものなのだろうか、違うものなのだろうか。違うとしたらどこが違うのだろうか。

 国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦・薬物依存研究部長は、穏やかでありつつも、内からほとばしる力を感じさせる口調で、ゆっくりと説き起こしてくれた。

「もちろん日常的な言葉と、医学の言葉は違うんですけれど、全く違うとも言えないところがあって。そもそも、この『依存症』って名前が適切なのかどうかという議論もあります。依存はいけないと言われるけれども、でも、どんな人でも何かしら、今、依存しているじゃないですか。人はひとりぼっちじゃ生きていけないわけですから。依存性のある物質、アルコールとか薬物とかでも、依存すること自体が絶対におかしいとも言えないんですよ」

日常使われる「依存」とは違うのだろうか。
[画像のクリックで拡大表示]

 かならずしも依存が絶対におかしいというわけでもない。それでも、やはりアルコールや薬物に依存するのは行くところまでいくと「病的」で、しばしば「病気」だ。体を壊すだけでなく、社会的な存在としての人を破壊する。特に覚せい剤依存には、怖いイメージがつきまとい強烈な忌避の対象になる。にもかかわらず、何かに依存するのは、ぼくたちにとって普通のことだ。

「医学的に言うなら、2つの依存があるんです。『身体依存』、つまり、体の依存と、『精神依存』、心の依存です」

 体の依存と、心の依存。ここまでは、結構分かりやすい。そういうものがあるのだろうと、すんなり理解できる。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る

「研究室に行ってみた。国立精神・神経医療研究センター 薬物依存症 松本俊彦」最新記事