――ゲルリンデさんが現在行っている登山について教えてください。直近ですと(2016年11月)ブータンにいらしたそうですね。

 ええ。プライベートで3週間ほど滞在して、標高5000mぐらいの山々のトレッキングを楽しみました。初めて訪れましたが、とても美しく、魅力的な景色でしたね。ブータンには美しく急峻な、登りたいと思う7000m級の山もあるのですが、現在は6000mを超える山への登山が法律で禁止されているのです。

――14座全山の登頂を成し遂げてから、高所登山は?

 8000m峰は、2011年にK2を登頂してからは登っていません。すべての8000m峰を登るという夢は実現できましたから。今は6000m、7000m級の山々への登山を計画していて、2012年にはネパールにあるヌプツェ(7861m)に登頂しましたよ。

2012年、ネパールのヌプツェに登山したとき(写真提供=ゲルリンデ・カルテンブルンナー)
[画像をタップでギャラリー表示]

――6000m、7000mといっても高峰ですね。これらの山にはどのような魅力が?

 そうですね、一番は景色の美しさ。8000m峰に比べて登山者が少ないことも魅力です。すばらしい景色を、自分たちだけで楽しめるのですから。また、8000m峰に比べるとチームの規模が小さく済みます。持って行く装備も8000m峰に比べれば少なく、7000m峰なら約6週間、6000m峰ならさらに少ない日数で挑戦できます。

 今、登りたいと思っているのはガッシャブルムⅣ峰。K2やブロード・ピークのすぐそばにある山で、標高は7925m。非常に美しい山ですが、技術的な難易度が高く、登っている人も少ないと思います。

この連載の前回の
記事を見る