第1回 路線図が切り開いた鉄道好きへの道

――鉄道好きで知られる廣田さんですが、どういうきっかけで興味を持ったのですか。

 もともと鉄道自体にはあまり興味がなかったんです。どちらかというと路線図のほうが好きで、そこから入りました。

 小さいころから、東京メトロに乗るときは、駅でもらえる地下鉄路線図を、いつも持ち歩いていたんです。

――小さいころというと、いくつくらいの歳から?

 幼稚園の年長さんのころだから、5歳か6歳ですね。
 そのころも、ちょっと芸能活動をしていて、オーディションとかお稽古ごとで都心に出ることがあって、そういうとき地下鉄に乗るんですけど、路線図を見て「きれいだな、素敵だな」って思ったのが最初です。

――きれいというと、色に魅かれたのですか。

 東京メトロの路線図は、それぞれの路線が色分けされていて、カラフルですし、シンプルにイラストっぽく描かれていて、ポップな感じがありますよね。それがすごく好きだったんです。

――地下鉄の路線図がお好きなら、この本をちょっと見ていただきましょう。このほど弊社から出版された『世界の美しい地下鉄マップ』で、世界166都市の路線図が網羅されています。

 わぁ、すごい!
 この表紙のグルグルうず巻きも路線図なんですね。

世界の美しい地下鉄マップ
定価:本体3,200円+税
マーク・オーブンデン 著
176ページ、ソフトカバー

ナショジオストア   アマゾン