Episode6 冒険家マッケンジーの謎の終着点

 時々、ルカをカヤックに乗せて、朝夕のひと漕ぎを楽しむことがあったので、ルカは、当然自分も一緒に行くものと思い、尻尾を振って私のところへとやってきた。
 しかしながら、私は少し躊躇した。
 ルカはオスなので、上陸後にマッケンジーの碑に片足を上げてマーキングしてしまうかもしれないからである。
 それは、あまりにも失礼。
 とは言うものの、ルカと私は、今では一心同体。冒険の相棒でもある。
 ルカを乗せてカヤックで近づいていくと、ちょうど干潮時ということもあり、マッケンジー碑の立つ岩には、びっしりとカラス貝がついていた。

[画像のクリックで拡大表示]

 水位が下がっているせいで、カヤックから見上げると、その岩は聳え立つように高く見えた。
 足場となりそうな所を探すが、どこにも無い。
 岩を回り、横の海岸にカヤックを寄せて上陸し、比較的なだらかになっている岩肌をよじ登ってみた。
 この岩には、マッケンジーが自ら岩に刻んだという、「Alex Mackenzie from Canada by land 22d July 1793」という文字が残っているというが、岩の上部は、野ばらが生い茂っていて、その茂みに隠れてしまっているのか、私には発見することができなかった。

[画像のクリックで拡大表示]

 しかしながら、ますます謎が深まる。
 本当に、なぜ、こんな所で止めてしまったのか?
 これが私の冒険だったら、後味が悪いというか、切れ味が悪いというか、なんだかスッキリしないだろう。

 ガイドブックには、マッケンジーが探検をやめてしまった理由が、少しだけ触れられてあった。
 そこには、ガイドとして雇った現地インディアンたちとの間に、揉め事があったからだと書かれてあった。
 とはいえ、もうちょっと行けば、太平洋の水平線を眺めることができるし、しかも、ここまで来たら、もうガイドなど必要がない。
 それなのに、どうして?