第3回 共食いも胎盤も! サメは「繁殖様式のデパート」

 沖縄美ら海水族館は、日本のみならずアジアから多くの観光客が訪れる世界的な飼育展示施設だ。

 水族館を管理運営している沖縄美ら島財団は、総合研究センターなる組織を持っており、その中の動物研究室は、まさに日本のサメ研究の中心地である。

世界のサメ研究をリードする佐藤圭一さん。
[画像のクリックで拡大表示]

「ちょっと異例なほど、うちはサメの研究者が多いんです。動物研究室にも、5人くらいサメに関わっている研究者がいますし、それと水族館の側にも研究者がいて、衛星タグを使ってジンベエザメを追いかけるような研究をやっています。我々の方は、ホルモンを調べたり、組織を調べたり、ですね。まあ、サメの生物体から生態まで、網羅するような研究室って、世界的にもあまりないです」

 外から見ると水族館にくっついてる研究施設のように見えつつ、その実、独立した研究機関であり、サメ研究では世界をリードしている。中心的なテーマは、サメの繁殖生理。4億年前には地球上に存在していたというサメが、どのような繁殖の仕方を開発してきたのか、その多様性を佐藤さんは、「繁殖様式のデパート」と呼んだ。

「すべてとは言いませんが、あらゆる子どもの産み方がサメっていうグループの中には見られるんですね。こんな生物群は多分ほかにないと思いますね。やっぱり一番サメの繁殖で興味深いのは、親が子宮の中にいる子どもに対して、保育することです。その上、保育の仕方がすごく多様なんですよ」

[画像のクリックで拡大表示]

 一昔前の知識なら、サメは卵生のものと胎生のものが両方いる、くらいでおしまいだった。胎生といっても、哺乳類とは違い、母体の中で守られつつも、卵殻の中で卵黄に依存して成長して、大きくなってから母体の外に出る「卵胎生」というものだろうと思われていた。しかし、世紀の変わり目から2010年代にかけて研究が大いに進み、むしろ、完全に卵黄に依存するタイプは少数派で、多くの場合、母体からなんらかの形で栄養を受け取っていることが分かってきたのだそうだ。おまけにそのバリエーションがものすごいのだという。

 このあたり、知識をアップデートするためにも、佐藤さんに解説してもらいつつまとめていく。

本誌でも「海のハンター」シリーズとして、2016年6月号で「イタチザメに会いたい」を、7月号で「ホホジロザメ 有名だけど、謎だらけ」を、8月号で「大海原の王者 ヨゴレはどこへ?」を特集しています。あわせてご覧ください。