第4回 漁を支えたアンマーたち

アギヤー舟団が戻る前から漁港周辺に集まるアンマー(女性)たち。(撮影:中村征夫)
[画像のクリックで拡大表示]

 灼熱の太陽が照りつける漁港の一角。日差しを避けるように何人ものおかぁやおばぁたちの姿が見える。女性たちはアギヤー(追い込み漁)の舟団が帰港する前から、三々五々岸壁周辺に集まってくる。

 沖縄の女性たちは働き者だと、私は若い頃から何度も聞かされてきた。かつては朝市や公設市場にもよく出かけたが、そこには中高年の女性たちが大勢いて、方言が飛び交い、ものすごい活気に満ちあふれていたものだった。だが、漁港に集まる女性たちは皆、腰を下ろし動く気配はない。漁協関係者ではないように見えた。

 午後2時過ぎ、サバニが入港してきた。アギヤーの舟団が戻ってきたのだ。魚を満載したサバニが岸壁に横付けされると、おかぁやおばぁたちはサバニを覗き込み、ウミンチュたちと大声で話し始めた。

伊良部島の佐良浜港。サバニの行く手にアギ ヤー専用の船着き場がある。右上のビルは今は姿を消し、港の周辺も様変わりした。(撮影:中村征夫)
[画像のクリックで拡大表示]

 言葉の意味は不明だが、ウミンチュたちと何やら交渉している風だった。あとでわかったことだが、交渉していたウミンチュはご主人とのことである。女性たちはアンマーと呼ばれる、魚の行商人たちであった。

 勇壮なアギヤーが糸満で編み出されたのは明治中期頃のことだ。氷や冷凍設備もない当時、豊漁で湧いた喜びも束の間だった。鮮度が落ちるのが早いグルクン(県魚タカサゴ)はみるみる商品価値を失っていく。

 そこで登場したのがアンマーたちだった。おとぅやおじぃ、あるいは息子のウミンチュたちからその場で魚を買い、集落へと行商に出かけるのだ。

 アギヤーのウミンチュたちが脚光を浴びたその陰で、強烈な炎天下の中を黙々と歩き続けたアンマーたち。数十キロの籠やたらいを頭に乗せて歩くその姿を、私は忘れることはできない。

数十キロにもなる魚を籠やたらいに詰め、頭に乗せて坂の多い佐良浜の集落を行き来する。(撮影:中村征夫)
[画像のクリックで拡大表示]

遙かなるグルクン

水中写真の第一人者、中村征夫が魅せられた沖縄の伝統漁と海の男の世界、初の書籍化!

後継者不足で消えかかっている、沖縄の県魚「グルクン」を追う伝統漁「アギヤー」。写真家・中村征夫が密かに黙々と30余年撮り続けた、伝統漁のすさまじさと美しさを描き出す貴重な時代のドキュメントを初めて公刊。

●中村 征夫 著
●サイズ:天地228mm×左右242mm、144ページ、ハードカバー
●定価:本体3,400円+税

ナショジオストア アマゾン 楽天ブックス

中村 征夫(なかむら いくお)
1945年秋田県昭和町(現・潟上市)生まれ。19歳のときに神奈川県真鶴岬で水中写真を独学で始める。撮影プロダクションを経て31歳でフリーランスとなる。
1977年東京湾にはじめて潜り、ヘドロの海で逞しく生きる生きものに感動、以降ライフワークとして取り組む。数々の報道の現場の経験を生かし、新聞、テレビ、ラジオ、講演会と、さまざまなメディアを通して海の魅力や海をめぐる人々の営みを伝えている。
2009年秋田県潟上市にフォトギャラリーブルーホールを開設。主な著書に『全・東京湾』『海中顔面博覧会』(以上、情報センター出版局)、『海中2万7000時間の旅』(講談社)などがある。主な受賞歴に、第13回木村伊兵衛写真賞、第28回講談社出版文化賞写真賞、第26回土門拳賞、2007年度日本写真協会年度賞などがある。