第64回 睡眠時間の男女差について

(イラスト:三島由美子)
[画像のクリックで拡大表示]

 これから2回にわたって、女性の睡眠問題についてご紹介する。今回は睡眠時間の男女差について。

 日本は「睡眠不足大国」であることに加えて、男女別にみるとさらに違った風景が見えてくる。

 経済協力開発機構 OECD の国際比較調査では日本人の睡眠時間が加盟国中でもっとも短いことが話題を集めたが、とりわけ女性の睡眠時間が短かった。次ページの図はOECDデータから睡眠時間の男女差を算出したものだが、日本のように女性の睡眠時間が短い国は例外的で、大部分の加盟国では男性よりも女性の睡眠時間が長いことが分かる。

 女性の睡眠時間が男性よりも短いのは、日本、韓国、メキシコ、インド、とごくわずかである。このメンツは心強い援軍、とは言い難い。逆に、スウェーデン、ノルウェー、ベルギーなど北欧の国々では女性の睡眠時間がかなり男性を上回っている。男女平等、福祉国家の国々が多いような印象がある。

 少し古いデータになるが、2006年に総務省統計局労働力人口統計室がまとめた有職者(働いている人)の睡眠時間の国際比較データでは、日本の有職女性の睡眠時間が他国に比較して圧倒的に短いことが明らかになっており、特に有職男性との差が浮き彫りになっている。

『朝型勤務がダメな理由』
三島和夫著

50万ページビュー以上を記録した「朝型勤務がダメな理由」をはじめ、大人気の本連載がついに書籍化! こんどこそ本気で睡眠を改善したい方。また、睡眠に悩んでいなくても自分のパフォーマンスを向上させたい方は、確かな知識をひもとく本書でぜひ理想の睡眠と充実した時間を手に入れてください。『8時間睡眠のウソ。』を深化させた、著者の決定版!
アマゾンでのご購入はこちら

次ページ:ひと目でわかる国別の比較図