第62回 眠くない寝不足「潜在的睡眠不足」の怖さ

(イラスト:三島由美子)
[画像のクリックで拡大表示]

「睡眠時間が6時間を切ると辛い」
「睡眠不足になると眠気や疲労感がひどい」
「睡眠不足ぎみだから、今週末は寝だめをしよう」

 眠気、頭痛、だるさなど、誰しも睡眠不足の辛さは経験したことがある。何時間くらい眠れば寝不足感がないか経験的に知っている。だから自分が睡眠不足かどうか知ることはたやすい、皆さんそうお考えではないだろうか。

 しかし、そのような“常識”は正しくないことが私たちの研究で明らかになり、科学誌「SCIENTIFIC REPORTS」に論文が掲載された。この内容については、先日、プレスリリースも発表した。

『潜在的睡眠不足』の解消が内分泌機能改善につながることを明らかに
http://www.ncnp.go.jp/press/release.html?no=124

 現代人の多くが自覚できない睡眠不足を抱えており、しかも想像以上に心身に悪影響を与えていることを示唆する研究データが得られ、皆さんに知っていただきたいと思ったからである。

 今回は、この『潜在的睡眠不足』についてもう少し深く掘り下げた解説を加えたい。

『朝型勤務がダメな理由』
三島和夫著

50万ページビュー以上を記録した「朝型勤務がダメな理由」をはじめ、大人気の本連載がついに書籍化! こんどこそ本気で睡眠を改善したい方。また、睡眠に悩んでいなくても自分のパフォーマンスを向上させたい方は、確かな知識をひもとく本書でぜひ理想の睡眠と充実した時間を手に入れてください。『8時間睡眠のウソ。』を深化させた、著者の決定版!
アマゾンでのご購入はこちら

次ページ:標準的な睡眠時間で、日中には不調なし。万々歳のはずだが…