第83回 睡眠科学でも超重要! 時計遺伝子の発見にノーベル賞

 恒常性とは、簡単に言えば体温や血糖値のように「生体内部の環境を一定に保とうとするシステム」のことである。運動や入浴で体温が上がれば発汗や皮膚の血管拡張が生じて放熱を促し体温を下げようとする体の反応が起こる。食事で血糖が上がればインシュリンが分泌されて血糖を下げようとするなど、ありとあらゆる生体現象でこの恒常性システムが働いている。

 ただし恒常性現象はごく短時間で生じるものが多く、必ずしも24時間周期ではないのだが、その当時は生体機能の変化を理解するための唯一の基本原理として確固たる地位を確保していた。そのため、活動している昼間に体温が上がり、その後の睡眠中に下がる体温リズムも、恒常性が働いた結果だと考えられていた。血圧やホルモンもまた然り。そもそも睡眠そのものが日中に蓄積した疲労回復のために生じる恒常性の最たる現象だと考えられていた。

 一方、概日リズム現象はかなり古くから植物などで認められていたものの、ヒトで本格的に調べ始められたのは恒常性システムの提唱から遅れること約100年、1960年代に入ってからである。当時、ドイツのマックス・プランク研究所にいた生体リズム研究の泰斗ユルゲン・アショフが自ら被験者となって防空壕に閉じこもり、自発的に生じる約24時間周期の生体リズムが存在することを証明したのである。

 その後、恒常性システムとは別に体内時計システムが存在することがさまざまな研究で明らかにされていくのだが、当初はなかなか理解を得られず、仮にその存在を認めたとしても恒常性に比べて軽視される時代が続いた(らしい)。

 例えばフランスでは当初、生体リズム研究者がなかなか育たなかったと同国の研究者から聞いたことがある。なぜなら恒常性の概念を1800年代半ばに提唱したクロード・ベルナールはフランスの生理学者だったからである。そのお膝元ではさぞかし生体リズムの研究者は肩身が狭かったことだろう。

 現在では体内時計システムと恒常性システムは生体機能を調節する2大システムとして認知されている。この2つのシステムは決して相反するものではなく、協調して生体機能を安定化させている。そのことが端的に現れているのが睡眠である。

次ページ:体内時計の仕組みの解明をもたらした大発見