特別展「深海2017」に行ってみた。 写真17点

「深海と生物」の最初は「生物発光シアター」でした。

[画像のクリックで拡大表示]

 デメニギスにクロカムリクラゲ! どちらもナショジオでも過去に紹介しています。デメニギスは動画(ページのいちばん下です)もあります。デメニギスは先に死体だけが発見されていて、動画が撮影されるまで、両目が上を向いたり前を向いたりすることがわかりませんでした。こちらはその標本(頭が下)。

[画像のクリックで拡大表示]

 確かに生きていないと眼の様子はわかりませんね。

 暗闇が支配する深海では、わずかな光でさえとても目立ちます。クロカムリクラゲがそうですが、おとりとなる発光物質を出して敵から逃れたり、あるいはホタルイカみたいに敵から隠れたり、逆にチョウチンアンコウのように獲物を捕らえたりするなど、映像を交えつつ発光生物の標本や解説を展示していました。

 続いて、「深海生物の多様性」のコーナーです。

[画像のクリックで拡大表示]

 奇妙キテレツな生きものの標本がひしめき、深海生物の本領発揮といった感じです。ナショジオ(TOKIO?)でもおなじみの古代ザメのラブカや、オスの頭に独特の生殖器官があるギンザメ、超コワモテのホウライエソといった魚から、エビ、カニ、グソクムシなどの甲殻類、貝やナマコなどの海底生活者など、各種取り揃えられていたのですが、なかでも奇妙なもののひとつがウミグモでした。

[画像のクリックで拡大表示]

 これはヤマトトックリウミグモです。ほとんど脚ばっかりで、いったいどこが頭でどこが胴体なのか……。ついこの前には、ウミグモは「脚呼吸」するというニュースも報じられました。実に不思議です。

[画像のクリックで拡大表示]

 そして、写真をお見せできないのは申し訳ないのですが、体長約1.4mの新種(申請中)のセキトリイワシ科の標本もありました。こんなに大きな魚の新種がまだ見つかるんですね。さすが深海です。どんな魚かはぜひ会場でどうぞ。

 この先は「喰う・喰われる」「南極」「巨大生物」「生命起源」などが続きます。どんどん行きましょう。

次ページ:驚異の「スーパースライマー」