第47回 米国では初対面の人とBBQの話はNG!?

[画像のクリックで拡大表示]

 面積962.8万平方キロメートル、人口3億875万人(2010年)。面積、人口ともに世界第3位の規模を誇るアメリカは、さまざまな人種が共存する多民族国家だ。前回、国民食としてマカロニ・アンド・チーズを取り上げたが、アメリカ大使館の農産物貿易事務所(ATO)の所長レイチェル・ネルソンさんは、その広大な土地と人種の多さから食文化が地域ごとに大きく異なるのもアメリカの料理の魅力だという。

「例えば、メイン州などのアメリカ北東部の大西洋沿岸地域は水産物が豊富で、クラムチャウダーやロブスターが名物。アリゾナ州などの南西部ではトルティーヤやサルサを使った料理などメキシコの影響が色濃く見られます。ミシガン湖がある中西部は農業地帯で新鮮な食材が豊富なので、茹でただけのスイートコーンや焼いただけの肉などシンプルな料理が好まれますね」

 どの国にも郷土料理はあるが、アメリカは特に多様性があるのではないかとレイチェルさんはいう。ちなみに、レイチェルさんが生まれ育ったニューヨーク州、特にニューヨークシティは世界各国の料理が集まっているものの、パスタやラザニアなどイタリアの影響を受けた料理が家庭ではよく食べられているそうだ。

「そんな地域の多様性がとてもよく出ている料理がバーベキューです」

 え!? バーベキューって屋外で肉や野菜を焼いて、焼肉のタレをつけて食べるアレですよね。肉は豪快な串焼きやステーキがあると場が盛り上がるなあ。シメは焼きそば……これは日本特有か。しかし、このバーベキューのどこに地域性があるのか。私がそう言うとレイチェルさんは大きく首を振った。