第62回 「ラザーニャ」はイタリアのマンマの味

 日曜に教会で礼拝をした後、家族で食卓を囲む。キリスト教圏、とくに欧州で行われているサンデーランチと呼ばれる習慣だ。彼らにとっては家族との大切な時間に食べる特別な料理だそうで、このソウルフードの旅でもスロベニアのゴヴェヤ・ユーハ、イギリスのシェパーズパイなど、サンデーランチにまつわる料理の話を聞いた。

 そして今回出会ったイタリアの料理もサンデーランチでよく食べられているそうだ。多くのイタリア人が家族、特にマンマを思い出すという家庭の味。その話を聞いたのは前回、ハイチ料理(第61回参照)を食べたネオ屋台村でのこと。

 世界各国の料理やご当地グルメを販売するキッチンカーが軒を連ねるネオ屋台村は、首都圏40カ所以上で展開。ハイチ料理を食べた東京国際フォーラム以外でもバラエティ豊かなキッチンカーがあると聞き、東京千代田区の麹町M-SQUARE村に赴いた。そこに出店していたイタリア料理のキッチンカーの名物がこの料理だった。

「ラザーニャです」

 その名も「Lasagna Italiana(ラザーニャ イタリアーナ)」の店主、ラゴマルシーニ・アントニオさんはそう言って、ホカホカのラザーニャを出してくれた。「子どもの頃、サンデーランチでラザーニャを食べるのが楽しみでした」というアントニオさんは、欧州最大のクルーズ会社「MSCクルーズ」で副料理長を務めるなど、経験豊富なイタリアンの料理人だ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
ラザーニャ イタリアーナは木曜日に麹町M-SQUARE村で販売するほか、渋谷キャストやイタリア文化会館でも販売

この連載の前回の
記事を見る

「世界魂食紀行 ソウルフード巡礼の旅」最新記事