太古の空を飛んでいた写真の生き物は?

ページナビがはいります

問題

太古の空を飛んでいた写真の生き物は?

2

答えは『翼竜』

解説

鳥やコウモリが登場するはるか前の2億3000万年前から、翼を羽ばたかせて大空を飛んでいた翼竜。頑強な四肢と超軽量の骨格、高度に進化した翼のおかげで、空を飛ぶ最初の脊椎動物となり、巨大なものも出現しました。写真は等身大のケツァルコアトルス・ノルトロピ(Quetzalcoatlus northropi)の模型。体高はキリンほどもあったと考えられていて、空飛ぶ動物としては史上最大。

ページナビがはいります