問題

写真は「海のユニコーン」と呼ばれるイッカクですが、らせん状に伸びたいわゆるイッカクの角は何からできているでしょう?

1

答えは『歯』

解説

カナダ・バフィン島の北のランカスター海峡に集まったイッカク。らせん状の牙は歯が伸びたもので、長さは最大で2.5メートルを超えます。通常は雄にしかなく、繁殖相手の気を引くためとも考えられています。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る