米同時多発テロから16年。多くの米国人にとってそれは忘れることのできない出来事です。写真10点で振り返ります。

突入する旅客機

2001年9月11日午前9時3分(現地時間)、ニューヨーク世界貿易センター(WTC)の南棟にユナイテッド航空175便が突入した。画像は地上で撮影された動画より。9.11テロでは4機の旅客機がハイジャックされ、ニューヨーク、バージニア州、ペンシルべニア州で約3000人の命が奪われた。(Still from video by Evan Fairbanks, Magnum Photos)
[画像をタップでギャラリー表示]

炎上

煙と炎に包まれたニューヨークの世界貿易センター(WTC)。2001年9月11日、WTCツインタワー北棟に突入したアメリカン航空11便に続き、ユナイテッド航空175便が南棟に突入し爆発炎上、2棟は相ついで崩落した。(Photograph by Spencer Platt, Getty Images)
[画像をタップでギャラリー表示]

ビルから身を乗り出す人々

9.11テロ直後の世界貿易センター(WTC)北棟。せまり来る火の手と炎熱で行き場を失った人々が、地上約400メートルの上層階の窓から身を乗り出している。「10年前、このような衝撃的な写真の掲載は、激しい社会的論議を呼び起こした。今でも平静さを保てない人は多いが、しだいに受け入れられるようになっている」と国立9.11記念博物館のアドバイザー、クリフォード・チャニン氏は話す。(Photograph by Jose Jimenez, Primera Hora/Getty Images)
[画像をタップでギャラリー表示]

空から

2001年9月11日、煙を上げる世界貿易センター(WTC)ツインビルを背に立つニューヨークのシンボル、エンパイア・ステート・ビルディング。(Photograph by Marty Lederhandler,AP)
[画像をタップでギャラリー表示]

落下する男性

9.11テロ発生時に、世界貿易センター(WTC)の北棟から飛び降りる男性をとらえた衝撃的な写真。「フォーリング・マン(落下する男性)」として広く知られている。この男性の他にも、上層階にいた多くの人々が身を投げて死亡した。2001年当時、このような極限状況を公にすべきか否かについては意見が分かれた。(Photograph by Richard Drew, AP)
[画像をタップでギャラリー表示]

次ページ:逃げる市民、灰に覆われる道路など写真5点

この連載の前回の
記事を見る