番外編 甚平を着たおサルさんみたいな蛾

イダルス・トゥイスィアナ(鱗翅目:トモエガ科:ヒトリガ亜科)
A tiger moth, Idalus tuisiana
じんべ(甚平)を着たおサルさんのように見える。真上から撮影。イダルス属は中南米から約50種がこれまでに記載されていて、コスタリカから17種の記録がある。
前翅長:約 15 mm 撮影地:モンテベルデ、コスタリカ
[画像のクリックで拡大表示]

 今年もたくさんの方々にたいへんお世話になりました。おかげさまで、2016年の「コスタリカ昆虫中心生活」はクモザルに始まり、さまざまなツノゼミたちを軸に、昆虫や他の生きものたちを紹介することができました。

 2016年、こちらコスタリカではハリケーン(Ottoオットー)が史上初めて国を横断したり、ピソちゃんが屋根の上に住み始めたり、ハリケーンのようなグンタイアリの渦に出会ったりと(次回ご紹介します!)、いろいろありました。

 上の写真のヒトリガの1種は、12月に灯火採集のシーツにやって来たところを撮影しました。2016年の干支である申(サル)の「じんべ(甚平)を着たおサルさん」に見えませんか?

 来年、2017年もどうぞヨロシクおねがいいたします!

西田賢司

『ミラクル昆虫ワールド コスタリカ』 西田賢司

西田賢司さんの連載「コスタリカ昆虫中心生活」が本になりました!
スゴイ虫からヘンな虫、美しい虫まで、生物多様性の国コスタリカの魅力満載。

定価:1800円+税、128ページ、オールカラー

ナショジオストア アマゾン
西田賢司

西田賢司(にしだ けんじ)

1972年、大阪府生まれ。中学卒業後に米国へ渡り、大学で生物学を専攻する。1998年からコスタリカ大学で蝶や蛾の生態を主に研究。昆虫を見つける目のよさに定評があり、東南アジアやオーストラリア、中南米での調査も依頼される。現在は、コスタリカの大学や世界各国の研究機関から依頼を受けて、昆虫の調査やプロジェクトに携わっている。第5回「モンベル・チャレンジ・アワード」受賞。著書に『わっ! ヘンな虫 探検昆虫学者の珍虫ファイル』(徳間書店)など。
本人のホームページはhttp://www.kenjinishida.net/jp/indexjp.html