第139回 ツノゼミの立派なツノが出てくる瞬間

ヨツコブツノゼミの1種(カメムシ目:ツノゼミ科:Stegaspidinae亜科)
A treehopper, Bocydium sp., eclosing
羽化の最中、体を反らせて翅を伸ばし始めているところ。ぼくには、地球外生物に見えるが、みなさんには何に見えますか?
体長:約4mm 撮影地:サン・ホセ県、コスタリカ
[画像のクリックで拡大表示]

 前回は、ツノに4つのコブがあるヨツコブツノゼミの成虫を紹介した。ただし、その立派なツノは、生まれたときからあるわけではない。羽化して成虫になって初めて『タケコプター』を頭に載せたような姿になる。では幼虫はどんな姿をしているのだろうか?

ヨツコブツノゼミ(成虫)のX線マイクロCT画像。(大阪大学生命機能研究科 時空生物学 近藤滋研究室 提供)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回は、ヨツコブツノゼミが幼虫から成虫になるまで、そしてツノが出てくる瞬間を、写真や動画で紹介する。さらに、どうしてツノがあんなかたちをしているのか、「昆虫探偵ニシダ」の考察を綴ってみよう。

生まれてすぐは平べったい

 まずは、生まれてそれほどたっていないだろうヨツコブツノゼミの若齢幼虫。体長は1~2ミリほどで、体が比較的平らなことに気づく。

葉脈の間にそれぞれ隠れるように佇む2匹の若齢幼虫たち。かたちは比較的平らで、色は淡く光が透き通っている。
[画像のクリックで拡大表示]

 その後、数回の脱皮を繰り返し、3~4ミリほどの亜終齢から終齢幼虫になると、体の中でツノの準備をしているのだろう、頭の上が盛り上がって三角形、もしくは「少しおにぎり形」になってくる。幼虫たちの居場所は、成虫と同じく葉の裏側。ただし成虫が太い葉脈のあちこちにいるのに対して、幼虫は葉の付け根の脈と脈の隙間にいることが多い。

亜終齢幼虫。頭の上がこんもりと膨らんでいる。体全体に茶色い模様が入っている。
[画像のクリックで拡大表示]
ヨツコブツノゼミの終齢幼虫2匹が、葉柄の上で頭をくっつけ合っている。亜終齢幼虫より少し細長い。左にいる幼虫は色が淡く、少し透き通っているので、脱皮して間もない個体だろう。飼育下で、ストロボを焚いて撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

幼虫の殻が割れてツノがニョキニョキ

 終齢幼虫が脱皮すれば、いよいよあのツノをもつ成虫のお出ましとなる。羽化の瞬間を観察・撮影するため、幼虫たちを採集してきて飼育することにした。毎日のように幼虫たちの様子をうかがう。「元気にしているか~? 植物(餌の状態)は大丈夫か?」

 ヨツコブツノゼミは、夜中から早朝にかけて羽化することが多い。寝る間も惜しんで幼虫たちと向き合っていたある夜、その瞬間は訪れた。午前2時過ぎのことだ。

次ページは<ツノが出てくる瞬間を目撃した>です。

この連載の前回の
記事を見る

「コスタリカ 昆虫中心生活」最新記事