第152回 怖がらなくて大丈夫、毒蝶を育ててみた

ヘリコニウス・クリソニムス・モンタヌス(タテハチョウ科:ドクチョウ亜科:ドクチョウ族)
Montane Longwing Passion-Vine Buttefly, Heliconius clysonymus montanus
ドクチョウ属(Heliconius)の1種。黒地にオレンジが鮮やかだ。ドクチョウ属の仲間は熱帯アメリカに生息する。
前翅長:約40 mm 撮影地:モンテベルデ、コスタリカ
[画像のクリックで拡大表示]

 モンテベルデの森はにぎやかだ。風の音、木々が揺れる音、鳥たちやセミの声がフォウフォウ、ジーと遠くから聞こえてくる。

 でも、そこに鮮やかなチョウの仲間「ドクチョウ」が現れると、ぼくは一瞬にして「音のない視覚だけの世界」へスリップしたような感覚になる。刺激的なオレンジ色の翅を悠々とはためかせて飛ぶその姿に、すっかり圧倒され魅了されてしまうのだ。

 今回は、そんなドクチョウの1種で、モンテベルデの家の周りにすむヘリコニウス・クリソニムス・モンタヌス(Heliconius clysonymus montanus)の生活を紹介しよう。ぼくは最近、生態がまだ詳しく記録されていないこのドクチョウを、卵から育てることにした。(最後には今週のピソちゃんと第150回で紹介したハバチの成虫もどうぞ!)

ドクチョウは早起きでグルメ

 森を訪問されているかたたちと一緒に林道を歩いていると、ヒラヒラッとドクチョウが現れることがある。

キク科の花へと舞い降りるドクチョウ(Heliconius clysonymus)<25秒>
飛ぶスピードはそれほど速くなく、飛んでいると目立つ。これはドクチョウ属の特徴とも言える。動画は1.25秒の飛翔を20倍スロー再生したもの。

「あれはドクチョウです」とぼくが言うと、「えっ!毒なんですか?」と一気に緊張が走る。そんなときは「食べない限り大丈夫」と説明することにしている。実際、人が触ってもまったく平気。体内に鳥などが「美味しくない」と感じる成分をもっているだけだ。

 ドクチョウはこの「毒成分」のおかげで基本、捕食動物たちの獲物の対象から外れている。だからこそ、鮮やかな翅の模様でその「毒性」をアピールしつつ、ヒラヒラと余裕をもって飛ぶことができるのである。

 コスタリカには約30種のドクチョウの仲間が生息していて、そのうちの約20種がモンテベルデで確認されている。ヘリコニウス・クリソニムス・モンタヌス(以下、モンタヌス)は、コスタリカとパナマの雲霧林、標高約800~1800メートルに分布する。ドクチョウ属(Heliconius)の中でも比較的標高の高いところまで生息している種だ。

クマツヅラ科のランタナ(Lantana camara)の蜜を吸い終えて、休んでいるヘリコニウス・クリソニムス・モンタヌス。ドクチョウの外見の特徴は、翅が細長く、鮮やかなオレンジやコントラストのあるストライプ模様、触角が比較的長く、複眼が大きいところにある。
[画像のクリックで拡大表示]

 モンタヌスの朝は早い。たいていのチョウは朝9時ごろから飛び始めるが、モンタヌスは気温がそれほど上がらない7時ごろにも見かける。花から花へと移り渡っていく姿を観察していると、決まった食事コースがあるようにも見えてくる。

 モンタヌスが訪れる花は、キク科、アカネ科、イワタバコ科、クマツヅラ科、ラン科とさまざまなグループにまたがるが、花の色はどれもオレンジ色。翅のオレンジ色と何か関係があるのかもしれない。

 ドクチョウの特徴のひとつが、その食事にある。一般的なチョウのように花の蜜を吸うだけでなく、なんと花粉も食べるのだ! ただし、食べると言っても、チョウにはアゴや歯はない。どうやって食べるのかと言うと、まずストローのような口(口吻)の中央から根もと辺りに花粉をつけ、ストローを丸めたり伸ばしたりしながら唾液酵素を出すことで、少しずつ吸収するという。

キク科の花の蜜を吸っているところ。ストローの根もとについている黄色い粒々(矢印)は別の花(おそらくラン)の花粉の塊。ドクチョウは花粉を食べたりもするが、大切な授粉の役割も担っている。
[画像のクリックで拡大表示]

次のページは<ドクチョウを卵から育ててみたら>

おすすめ関連書籍

ミラクル昆虫ワールド コスタリカ

昆虫とともに暮らす著者の、ちょっと変わった昆虫中心生活。奇妙で面白い昆虫写真が満載!

定価:本体1,800円+税