第1回 テンプル騎士団の財宝

 「テンプル騎士団」の名で有名な「キリストとソロモン神殿の貧しき戦友たち」は、聖地への巡礼に向かうキリスト教徒たちを守る目的で1119年ごろに設立された騎士修道会だ。十字軍国家エルサレムの王、ボードワン2世によって、騎士たちは市内の「神殿の丘」を拠点とする許可を与えられた。かつて、“ソロモンの栄華”で有名な「ソロモンの神殿(テンプル)」があった場所である。

 10年後、騎士団がローマカトリック教会の正式認可を受けると、ヨーロッパ中の富裕層から豊富な資金援助が集まり始めた。騎士団には名門一族の子弟たちが続々と入会するようになり、バチカンは教皇以外のすべての権威に優先するという、前例のない強大な特権を騎士団に与えた。

フランスのラングドック地方、レンヌ・ル・シャトーにある、謎に包まれた「マグダラの塔」。19世紀、村の司祭ベランジェ・ソニエールがここで発見したという物は、いったい何だったのだろうか。(Photograph by Serafino Mozzo/Shutterstock)
[画像のクリックで拡大表示]

とてつもない価値のあるもの

 テンプル騎士団が教会に大きな影響力を持っているのは、騎士たちがエルサレムで何か重要な意味のある物を見つけたからではないかと勘ぐる者たちがあった。騎士団が「聖杯」や、モーゼの十戒を刻んだ石板が納められている「契約の箱(アーク)」、あるいはキリストの生涯に新たな解釈を与える秘密文書を発見したという噂があったのだ。どの噂にも一致しているのは、騎士団が何かとてつもない価値のある物を所有しているということだった。

 テンプル騎士団は、単なる巡礼者の保護だけでなく、銀行の機能に似た財務管理の分野にまで、その活動の幅を広げていった。聖地を訪れる人々は、その資産を騎士団に預けてから安心して巡礼に旅立つようになり、騎士団はヨーロッパの君主国にとってメインバンクの機能を果たすまでになっていた。騎士団はまた、ヨーロッパから中東にいたる広い地域で多くの土地を買い占め、農業や産業を興し、莫大な収益を上げた。キプロス島もすべてテンプル騎士団が所有していた。財政の低迷が長期化していた騎士団が13世紀後半に本部を移転した先は、このキプロスだった。

異端審問

 イスラムに勢力を奪われたことにより、騎士団は多くの領地と名誉を失ったが、それでも莫大な富が残った。ところが、騎士団からの多額の借金に喘いでいたフランス王フィリップ4世が、騎士団にとって危険な存在となる。苦々しく思っていたフィリップ4世は、借金を帳消しにしてしまおうと報復を企てたのだ。1307年10月13日の金曜日、ローマ教皇クレメンス5世の命令により、テンプル騎士団総長のジャック・ド・モレーを含む数百人の騎士が逮捕され、異端の罪で起訴された。

 その証拠のほとんどがフィリップ4世の差し金によるでっち上げであることは明白だった。多くの騎士たちがありもしない同性愛の関係や反キリストの誓いなどの濡れ衣を着せられて火あぶりになり、ジャック・ド・モレーも1314年に処刑された。フィリップが教皇クレメンスを丸め込んでテンプル騎士団の解散を決定させた2年後のことである。

テンプル騎士団の二人の騎士(一人は総長ジャック・ド・モレー)の処刑を描いた絵。サン・ドニ修道会の修道士が編纂した中世の『フランス大年代記』に収録されている。テンプル騎士たちの逮捕と処刑は唐突で凄惨を極めたが、騎士たちはその財宝の秘密を決して明かすことなく死んでいったと言われている。
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが、フィリップの兵隊が騎士団のパリの金庫を調べに行くと、そこはすでにもぬけの殻だった。騎士の一人、ジョン・ド・シャロンの証言によると、1307年の一斉逮捕の時、事前に秘密情報を掴んでいた騎士団は、3台の荷車に金銀財宝を載せて密かに持ち出し、騎士団の船に積み込んだのだという。船団の最終目的地は不明だ。スコットランドに向かったという説もあれば、スペインやクロアチアの方が地理的に妥当ではないかという説もある。また、コロンブスより先にアメリカ大陸に渡り、現在のカナダのノバスコシア州の沖合に浮かぶオーク島に財宝を隠したとする話まであった。

ダ・ヴィンチ・コードと財宝

 フランスのラングドック地方にあるレンヌ・ル・シャトーも候補に挙がっている。1800年代後半のこと、ベランジェ・ソニエールという司祭が教会を改修した際、埋まっていた財宝を発見したと伝えられている場所だ。彼がどんな財宝を発見したのかは分っていないし、実は何も見つけてはいないのかもしれないのだが、1950年代以降この言い伝えは広く知られるようになり、特に1982年に出版された『レンヌ=ル=シャトーの謎--イエスの血脈と聖杯』(日本語版は1997年)によって一躍脚光を浴びる。この作品は、後のダン・ブラウンの世界的ベストセラー『ダ・ヴィンチ・コード』に大きな影響を与えた。ソニエールが発見したのは失われたテンプル騎士団の財宝に違いないと、人々が考えるようになったのも当然だ。

 分っている確かなことは、テンプル騎士団が莫大な富と権力を蓄えたこと、そして騎士団の最後は唐突で混沌としていることである。秘密や失われた財宝を信じる人々にとっては、格好のネタを提供する魅力的なストーリーだ。だが、真実を明らかにしようとすると、そこには大きな障害が立ちはだかる。所在が分らないというだけならまだしも、どんな物なのかも曖昧なのだ。それこそが、陰謀説に心ときめかせている人たちに新たな仮説を提供してくれる宝物だと言えるだろう。

絶対に見られない世界の秘宝99
テンプル騎士団の財宝からアマゾンの黄金都市まで

価格:本体2,200円+税
ダニエル・スミス 著
サイズ:228×174mm
256ページ

ナショジオストア   アマゾン  

「『絶対に見られない 世界の秘宝99』から紹介する、失われた人類の財産」最新記事

バックナンバー一覧へ