チリ アタカマ砂漠

砂漠の高地は天体観察に最適で自然現象の宝庫

ロス・フラメンコ国立保護区にあるミスカンティ湖。(Photo:Courtesy of the Alto Atacama Desert Lodge & Spa)
[画像のクリックで拡大表示]

 米航空宇宙局(NASA)が火星探査機バイキング1号と2号の実験を行ったのは、チリのアタカマ砂漠だった。地球上でもっとも火星に似ている土地であることから、探査機の実験場に選ばれた。「月の谷」の夕日は私たちが見慣れている夕日ではなく、衛星や探査機が観測するような“宇宙的”な夕日と言える。そもそも「月の谷」という名前自体、地球の景色からかけ離れていることを表している。

 アタカマ砂漠は標高2000メートルから6000メートルもあるので、空気が非常に薄く、慣れるのに時間がかかる。しかし湿度も光害もないので空は澄んでおり、天文学者が天体観察に集まる。地球のどこよりも星が近くに見える場所なのだ。信じがたいことに、旧石器時代にはアンデス文明がこの地で栄えた。人口2000人程度のこの地域の主要な町、サンペドロ・デ・アタカマには考古学博物館がある。

 荒れ地としか呼びようのないこの世離れした砂漠を訪れるのは、よほどタフな人か、宇宙や天文学マニアばかりだろうと思うのは大きな間違いだ。これほど極端な土地はあまりないだろうが、“究極のバカンス”とは、これから先に遭遇する喜びや試練を極彩色で予告するものだ。

 喜びは、ふんだんに見つけられる。信じられないほど美しい景色が、蜃気楼のように渓谷の彼方や山の頂き越しに現れる。世界で3番目に大きい塩湖であるアタカマ塩湖に行くと、薄い水たまりのあちこちにクリスタル状になった塩分が積み上がっているのが見られる。ピンク色のフラミンゴが何千羽もいるし、トカゲやラマも見かける。ここに順応した数少ない動物だ。アタカマ砂漠を徒歩、馬、自転車でトレッキングすれば、ありとあらゆる色をしたシュールな岩石層、高く噴き上げる間欠泉など驚くべき自然現象を見ることができる。

日干しレンガでつくられたアルト・アタカマ・デザート・ロッジ&スパはアンデスの村をモデルとして建てられた。(Photo:Courtesy of the Alto Atacama Desert Lodge & Spa)
[画像のクリックで拡大表示]

 想像しがたいかもしれないが、アタカマ砂漠には究極のラグジュアリーを提供するリゾートがある。「アルト・アタカマ・デザート・ロッジ&スパ」という名称のホテルだ。ゴツゴツした赤い岩に囲まれた盆地のなかのミニマリスティックな施設となっている。プールは少なくとも6つあり(この地域には水がないことを考えるとパラドックスだ)、プライベート展望台もある。空に手が届くような砂漠の避難所だ。

【見どころと滞在】
▼標高2000メートル以上のアタカマ砂漠はまったくの乾燥地帯だが、空気は澄んでいて天体観測に最適。高地ならではの美しい景色が広がっている。
▼アタカマ塩湖は面積が3000平方キロと広大で、標高は約2300メートル。世界で3番目に大きい塩湖だ。ここのリチウム埋蔵量は世界一と言われる。
▼アルト・アタカマ・デザート・ロッジ&スパの近くには、ミスカンティ湖のような不思議な風景が広がるロス・フラメンコ国立保護区がある。
[宿泊]Alto Atacama Desert Lodge & Spa

〔参考〕『一生に一度だけの旅 GRANDE 大切な人と過ごす贅沢ステイ』は、家族や友人、恋人などの大切な人と一緒に最高の休日を過ごすための旅行ガイドです。一定期間滞在してゆっくりと過ごせる、世界81地域の旅先とステイ先(滞在先)を厳選し、豊富な美しい写真とともに紹介しています。世界遺産を堪能できる快適な過ごし方から、あまり知られていない景勝地や秘境のリゾートまでを網羅している格好の1冊です。

書籍「一生に一度だけの旅 GRANDE 大切な人と過ごす贅沢ステイ」
家族、友人、恋人と行く至福のくつろぎ旅
価格:本体3000円+税
ジャスミーナ・トリフォーニ 著
サイズ:B5判(天地257mm×左右182mm)
280ページ、ソフトカバー

ナショジオストア  アマゾン  楽天ブックス

「『大切な人と過ごす贅沢ステイ』から紹介する、世界の気持ちいいリゾート」最新記事

バックナンバー一覧へ