ナチスにまつわる謎やウワサの真相を探る「ナチスに残る都市伝説の真相」全6話の中から『美しき絵画の数奇な運命』を放送。第二次世界大戦の混乱の中で発見された美術品がたどった数奇な運命と、背後に潜むヒトラーの野望に迫る。

 第二次世界大戦終戦からおよそ70年経った今なお、ナチスにまつわる謎やウワサは根強く残っている。その真相に迫るべく、歴史学者のサム・ウィリスと都市探検家のロバート・ジョーがタッグを組んで調査に乗り出した。人食いワニや消えた財宝など、にわかには信じがたい噂は本当なのか?調査を続けるにつれ、フィクションよりも奇怪な真実が浮かび上がってくる。果たして二人はナチスの真実を暴くことができるのだろうか。

■二カ国語
■60分×6話

「美しき絵画の数奇な運命」
 第二次世界大戦の混乱の中、イタリアの前線近くの古城で数多くの貴重な美術品が発見された。ボッティチェッリの「春」やギルランダイオの「東方三博士の礼拝」といったルネサンス絵画をはじめ、いずれもイタリアが誇る至宝ばかりだ。いったい誰が、何の目的で城に美術品を隠したのか? それらはナチスの略奪品なのか?

★「ナチスに残る都市伝説の真相」の詳細は番組ページをご覧ください。 (外部サイトへリンクします。)

2018/07/01 更新