安らぎとは無縁の地シリアで生み出された無情という現実。報道番組では決して描かれない、シリア内戦の真実を明らかにする。

 ジャーナリストのセバスチャン・ユンガーが、自らの体験を通しシリアの国家破綻を考察する。そこは、過激主義と世界的テロの脅威を受け、安心を奪われた場所だ。ヨーロッパに押し寄せる何百万人もの難民と、世界に広がる不安を生み出したのは、単なる一国の内戦ではなく、地政学的サイクルの一部である。ユンガーのライフワークの中で報道番組では決して描かれない、シリア内戦の真実を明らかにする。

■字幕
■120分

★「地上の地獄:シリア崩壊とISISの台頭」の詳細は番組ページをご覧ください。 (外部サイトへリンクします。)

2018/05/14 更新