何千ものレアなアンティーク銃を収集し、その販売で生計を立てる親子を追うシリーズ「武器コレクター」。今回放送する『南北戦争の拳銃』では、2人にビジネス上の対立が生じる。

 500年間にわたるアメリカの戦争と征服の歴史。「武器コレクター」シリーズでは、父と息子がタッグを組み、希少な古銃や年代物の軍用品の数々に出会う姿を追う。青銅砲から禁酒法時代の機関銃まで、戦争の“置き土産”の背後に潜む歴史をいきいきと表現。風変わりな銃コレクターたちとの出会いや、会社経営における試練や親子の言い争いなど、クランマー家から目が離せない!

■二カ国語
■60分×9話

「南北戦争の拳銃」

 クリスチャンとアレックスはともに銃を愛するが、その愛し方は異なる。父はアンティーク銃を大切に保管しておきたいタイプで、アレックスは弾を発射して愛でるタイプだ。やがて2人にビジネス上の対立が生じる。アレックスは南北戦争にまつわる希少な拳銃を発射。さらにクリスチャンの意見を無視して、25万ドルの戦車の取引を決めてしまう。ところが大量の銃と弾薬を保管している倉庫に泥棒が入り、アレックスは戦車をあきらめざるを得ない状況に…。

★「武器コレクター「南北戦争の拳銃」の詳細は番組ページをご覧ください。 (外部サイトへリンクします。)

2018/04/15 更新