世界はストーリーで出来ている。今まで見たことも聞いたこともないような、大小さまざまな物語。この世界に編みこまれたとても興味深く、知っておきたい、世界の片隅で起こっているストーリーを毎週日曜日にお届け。2月18日(日)は日本の戦争の歴史にまつわるストーリー。

2月18日(日)17:00~18:00
日本軍の極秘潜水艦 [二]

 日本軍は水面下を進む巨大な航空母艦を造った。その“伊400型 潜水艦”の恐るべき力を探るべく、残骸や保管された映像を求めて調査を行った。その結果、全長は1960年代までの他の潜水艦と比べると25パーセント以上大きく、給油することなく地球を1周半潜航できたことが分かった。この画期的な潜水艦が活躍すれば大戦の戦況を簡単に変えることすらできただろう。長年封印されてきた第二次世界大戦時の機密を明らかにする。

■原題:Japan's Secret Weapon
■二カ国語
■60分

2月18日(日)18:00~19:00
激戦! 硫黄島 ~星条旗と戦いの記憶 [字]

 アメリカ海兵隊史上、最も多い死傷者を出した“硫黄島の戦い”。敵地に6人の兵士が星条旗を掲げる瞬間をとらえた写真はあまりに有名だ。しかし、その輝かしい勝利のイメージの陰に隠れ、壮絶な戦闘の実態はあまり知られてこなかった。多くの犠牲者が出た背景には、日本の守備隊の巧みな戦略があったのだ。豊富なカラー映像、元海兵隊員たちの衝撃的な証言、そして現地調査などから、硫黄島の戦いの“真実”が新たに浮かび上がる。

■原題:Battle For Iwo Jima
■字幕
■60分

2月18日(日)19:00~20:00
日本軍への残虐な戦犯 [二]

 1945年、全世界で戦争が行われていた頃、驚くべきドラマが人里離れたボルネオ島のジャングルで展開されていた。関わったのは取り残されたアメリカ空軍の兵士たちに、現地のダヤク族、そしてイギリス陸軍で最も変わった人物の1人、トム・ハリソン少佐だ。ハリソン少佐は軍事行動の中で、ダヤク族の古い慣習である首狩り行為を、日本人に対して復活させる。

■原題:Headhunters of WWII
■二ヵ国語
■60分

★「ナショジオ サンデー ストーリー」個別の番組詳細は特集ページをご覧ください。 (外部サイトへリンクします。)

2018/02/12 更新