アフリカの大地で繰り広げられる凶暴な野生動物のドラマに密着する「サベージ・キングダム2:新たな支配者」のナショナル ジオグラフィックでの放送を記念して、番組に登場する野生動物と歴史上の人物との共通点を歴史コメンテーター・金谷俊一郎(「世界一受けたい授業」 などに出演)が探る。


ナショジオFacebookコラム
歴史コメンテーター・金谷俊一郎が語る「サベージ・キングダム」の魅力(全3回)

第1弾「織田信長はライオンだ!」抜粋
 信長は残忍な武将であるイメージがつきまとう。この野生の王国の支配者であるライオン“セケカマ”もそうだ。どちらも実は「無為な殺し」というものは一切おこなっていないのである。あくまでも、王国を楽園にするための秩序をつくるための「殺し」なのだ。


「サベージ・キングダム2:新たな支配者」

反逆の足音が、王国を揺らす

 前シーズン「サベージ・キングダム:残酷の王国」のその後に焦点を当て、アフリカの大地で繰り広げられる、凶暴な野生動物のドラマに密着する「サベージ・キングダム2:新たな支配者」 。支配者の座を巡り、激しい戦いを繰り広げるライオンやヒョウ、ハイエナたち。少しでも弱みを見せれば、非情な自然界で生き残ることはできない。果たして高齢の王、セケカマは、地位を死守できるのか?無邪気なヒョウの子ども、ネオの運命は?残酷の王国が直面する様々な変化を追う。

ナレーションは声優 諏訪部順一。

■二ヵ国語
■60分x4話

★「サベージ・キングダム2:新たな支配者」の詳細とコラムの全文は番組ページをご覧ください。 (外部サイトへリンクします。)

2018/02/06 更新