1944年6月6日にノルマンディー上陸作戦が実行されてから1945年5月8日にドイツが降伏するまで、実に336日もの日数がかかった。その間に一体、何が起きていたのか。パリの解放、バルジの戦い、ドレスデン爆撃、強制収容所の解放、ベルリンの戦い、そして第三帝国の消滅。連合軍の着陸からナチス政権が崩壊するまでの11ヵ月間に焦点を当て、ヒトラーが過ごした暗黒の日々と、ヨーロッパにおける戦いの知られざる全貌を明らかにする。

■字幕
■60分

★「ナチス政権 最後の日々」の詳細は番組ページをご覧ください。 (外部サイトへリンクします。)

2017/12/04 更新