写真:WGBH Educational Foundation/Chun-Wei Yi
[画像のクリックで拡大表示]

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト
「存在すら知らない相手を守ることはできない」

 ナショナル ジオグラフィック誌の写真家ジョエル・サートレイが生涯をかけて取り組むプロジェクト「PHOTO ARK(フォト・アーク)」。目標は1万2000種に及ぶ動物のポートレートだ。愛情と敬意を受けて撮影された生き物は美しく、その瞳は写真を鑑賞する私たちの目を見て訴えかけてくる。希少な動物に焦点を当て、カメラを構えるサートレイとともに世界各地を巡る。絶滅の危機にさらされた動物たちの現状を語る写真家の言葉に耳を傾けていく。

「PHOTO ARK」プロジェクトとは

 世界の動物園・保護施設で飼育されている1万2000種の動物すべてを写真で記録する撮影プロジェクト。ナショナル ジオグラフィックの写真家ジョエル・サートレイが中心となって立ち上げた。動物の姿を記録し、発表することで、絶滅の危機にある動物への関心を高め、また未来の世代に動物の姿を伝えることを目的としている。「ARK」とは「箱舟」のことを指し、「PHOTO ARK」とは「写真版ノアの箱舟」を意味する。サートレイは撮影のために25年費やす予定で、現在すでに約7000種まで撮影し終えている。

PHOTO ARK:動物の箱舟
[ナショナル ジオグラフィック]12月13日(水)スタート 毎週水曜日23:00~24:00(再放送あり)

※TVのナショナル ジオグラフィック、ナショジオ ワイルドの視聴方法、番組の詳細については 番組サイトでご覧ください。