本書の内容

豆の産地を重視し、豆の個性を最大限に引き出す淹れ方を追求する新しいコーヒーカルチャー「サードウェーブコーヒー」が普及しつつある。品質の高い「スペシャルティコーヒー」の人気が高まり、スペシャルティコーヒーを売りにする喫茶店や販売店も増えている。ブドウの生産地によってワインの味わいが変わるように、コーヒーも栽培品種・生産方法によって味わいが異なるため、いままで以上に細かい情報が必要とされているが、産地まで簡単には訪ねられない現状がある。
本書では、半分以上で、国別のコーヒー産地を、地図と写真、テキスト情報(主要産地、品種・銘柄、味、トレーサビリティー、生産量、標高、収穫期、歴史、グレードなど)で紹介。
産地・農園レベルの情報を求めているプロ、セミプロ、ハイアマチュア必携の1冊。

【目次】
◆はじめに


◆第1章 コーヒーの世界へようこそ!
アラビカ種とロブスタ種/植物としてのコーヒーノキ/コーヒーチェリー/コーヒーの品種/コーヒーの収穫/コーヒーの精製/コーヒーの取引

◆第2章 コーヒー豆から究極の1杯へ
コーヒーの焙煎/豆の買い方と保存方法/コーヒーのテイスティング/コーヒーの挽き方/コーヒーに適した水/抽出の基本/エスプレッソ/自家焙煎

◆第3章 世界のコーヒー生産地
アフリカ:ブルンジ/エチオピア/ケニア/マラウイ/ルワンダ/タンザニア/ザンビア
アジア:インド/インドネシア/パプアニューギニア/ベトナム/イエメン
南北アメリカ:ボリビア/ブラジル/コロンビア/コスタリカ/キューバ/ドミニカ共和国/エクアドル/エルサルバドル/グアテマラ/米国ハワイ州/ホンジュラス/ジャマイカ/メキシコ/ニカラグア/パナマ/ペルー/ベネズエラ

◆用語集/索引

本書のサンプル