本書の紹介

一度目にしたら忘れられない、広大な風景のなかを行くキタキツネの姿。まっすぐにこちらを見つめてくる、吸い込まれそうな瞳のキタキツネ。
見た人がキツネのファンになってしまう受賞作をはじめ、キツネと北海道の魅力が詰まった一冊です。
北海道の自然を写し取る姿が「情熱大陸」で取り上げられ、「BRUTUS」の表紙を飾った印象的なキツネたちを目にした方も多いはず。世界でもファンが急増中です。

【著者紹介】井上浩輝(いのうえ・ひろき)
1979年札幌市生まれ。
札幌南高校、新潟大学卒業、東北学院大学法務研究科修了後、北海道に戻り、風景写真の撮影を開始。
次第にキタキツネを中心に動物がいる美しい風景を追いかけるようになり、2016年に米誌「National Geographic」の『TRAVEL PHOTOGRAPHER OF THE YEAR 2016』のネイチャー部門において、日本人初の1位を獲得。自然と人間社会のかかわりへの疑問に端を発した「A Wild Fox Chase」というキタキツネを追った作品群を制作、発表してきた。
写真は国内のみならず海外の広告などでも使用され、近時は、北海道と本州を結ぶ航空会社 AIR DO と提携しながら野生動物や風景など「いま生きている光景」にレンズを向けている。

読者の声

  • 大自然の素晴らしさを、ひしひしと感じます。動物のいとおしさも、いいですね。(70歳、女性)
  • 美瑛町のフェルム ラ・テールにとても素敵なキタキツネの写真が飾ってあり、カメラマン井上さんを知って購入しました。身近なキタキツネの姿と雪景色がとても素敵です。(55歳、女性)
  • 北海道のキタキツネ、雪景色、美しかったです。ありがとうございます。(32歳、女性)
  • 書店で表紙を見たとたん「この本!!すごい!!」と一目惚れでした。写真集を買ったのは初めてですが何度も見入ってしまいます。(31歳、女性)

本書のサンプル