本書の内容

仏陀が悟りを開いたとされるインドの菩提樹から、ニュージーランドのマオリ族が魂の帰り道として大切にする愛の木、8万年も生きる地球上で最も重い木など、59本の歴史的かつ魂を揺り動かす木を、美しい写真と簡潔な文章で紹介します。

日本にゆかりのある木も、8本が選ばれています。


【内容紹介】
◆序文
「気になる木は何ですか?」バーリン・クリンケンボーグ
◆樹々の物語
荒野に生きる、最高齢の木「太古の木」
世界で最も重要な巡礼地の一つ「悟りの木、菩提樹」
万有引力の法則 発祥の木「ニュートンのリンゴの木」
万病を癒やす、慈悲深い存在「女神シータラーの木」
過酷な地で生き続ける、魂の帰り道「愛の木」
北欧神話の一場面を体現「ナナカマドの霊木」
古い信仰が今に続く「マグナカルタのイチイ」
“次の世界”に生命を吹き込む「永遠の榕樹」
奇妙な米国版願い事の木「靴の木」
歴史を乗り越えた、400年の芸術「ヒロシマの盆栽」
再生と力強さを象徴する「9.11を生き延びた木」
紳士たちの勇気と名誉を見つめる「決闘の樫」
涼しい木陰に村人が集う「話し合いの木」
金塊が埋められた木「ターナーの樫」
歴史の劇的な転換点「奴隷解放の樫」
8万年を生きる地球上で最も重い生命体「パンド」
一人の女性が感じた特別な絆「ルナ」   ...など59話
◆後書き「木のこと」
◆献辞/謝辞
◆索引

物語のある美しい樹木

証拠の木(米国オレゴン州)
葡萄園を見守る
(c)2017 Diane Cook and Len Jenshel
ダービーのバオバブ(オーストラリア・キンバリー地方)
かつての納骨堂、今は“監獄”
(c)2017 Diane Cook and Len Jenshel
9.11を生き延びた木(米国ニューヨーク州)
再生と力強さを象徴する
(c)2017 Diane Cook and Len Jenshel
悟りの木、菩提樹(インド・ブッダガヤ)
世界で最も重要な巡礼地の一つ
(c)2017 Diane Cook and Len Jenshel
子授け銀杏(東京)
心を入れ替えた、子どもの守り神
(c)2017 Diane Cook and Len Jenshel