本書の内容

枕元に置いて、素敵な夢を見る

 たくさんの生き物たちが織りなす、モルディブの海の美しい風景を、独特の色彩と気持ちの良い構図でとらえた写真集です。

 赤道をまたいで26の環礁、約1200の島々が美しく並んでいるのが、モルディブの海。その姿は「島々の花輪」と呼ばれ、これが国名の語源になったともいわれます。

 写真集「wreath」の世界を、動画でご紹介します。

【著者紹介】鍵井 靖章(かぎい やすあき)
1971年、兵庫県生まれ。水中写真家。
大学在学中に水中写真家・伊藤勝敏氏に師事する。
1993年よりオーストラリア、伊豆、モルディブに拠点を移し、水中撮影に励む。
1998年に帰国。フリーランスフォトグラファーとして独立。
自然のリズムに寄り添い、生き物に出来るだけストレスを与えないような撮影スタイルを心がける。
3.11以降は、岩手県の海を定期的に記録している。
2013年、2015年に「日経ナショナル ジオグラフィック写真賞」優秀賞を受賞。

本書収録の写真(画像クリックで拡大)

心ゆくまでのんびりできる、夢のような景色

オニイトマキエイ、ヨスジフエダイ

キンギョハナダイ、ソフトコーラル

ツノダシ、クマノミ、モルディブクマノミ

鍵井靖章さんに聞いてみた!

――写真集「wreath」は、鍵井さんがかつて暮らしていたモルディブの海を舞台にしています。この海は、ほかの海とどんなところが違うのですか。

 この海の良さは、魚の数がすごく多いことです。しかも、カラフルな小魚の群れから、マンタやジンベエザメといった大きな魚までが、同じエリアで共存しています。これは、モルディブの海の大きな特徴の一つです。

 子どもたちが海の中の絵を描くとき、一枚の絵の中にいろんな魚が一緒に泳いでいる様子を描き込むでしょう。それを写真で表現できるのが、モルディブの海ですね。映画「ファインディング・ニモ」を想像してもらうといいかもしれませんが、みんなが「海ってこんな感じ」と思っているイメージ通りの光景が、この海では見られるんです。