本書の内容

最新科学で明かされる、ピラミッドの意外な姿。
謎に満ちたピラミッドへの、考古学者と科学者たちのスリリングな挑戦!

・ピラミッドの石の高さを測った人は、これまでいなかった?
・ピラミッド・タウンには、職人から高官までいた?
・ピラミッドはどうやって建造した?
・ピラミッド建造に関わった人たちはどのような人たち?
いまだ残るピラミッドの謎を、新進気鋭の考古学者 河江肖剰が、わかりやすく、やさしく解説します。

【目次】
◆ はじめに
第1部 ピラミッドの5W1H
 1.WHAT ピラミッドとは何か
 2.WHEN ピラミッドはいつ建てられたのか
 3.WHERE ピラミッドはどこに建てられたのか
 4.WHY ピラミッドはなぜ建てられたのか
 5.WHO ピラミッドは誰が造ったのか
 6.HOW ピラミッドはどのように造られたのか

第2部 ピラミッドの謎に挑む人たち
 1.ピラミッドの秘密の空間
 2.ピラミッド・タウン
 3.総合科学としての考古学
 4.またもやピラミッドに登る

コラム
 ヒエログリフが読みたい!
 ナショナル ジオグラフィックのエマージング・エクスプローラー
 考古学を志す若者に向けて Q&A

著者紹介


Photo:Hiromichi Matono

河江肖剰(かわえ ゆきのり)

1972年、兵庫県生まれ。1992年から2008年までカイロ在住。
エジプトのカイロ・アメリカン大学エジプト学科卒業。
2012年、名古屋大学で歴史学の博士号を取得。
名古屋大学大学院 文学研究科附属 人類文化遺産テクスト学研究センター共同研究員。
米国古代エジプト調査協会(Ancient Egypt Research Associates, Inc.)調査メンバー。
ピラミッド研究の第一人者マーク・レーナー博士のチームに加わり、ギザでの発掘調査に10年以上にわたり従事。
人文科学と自然科学の融合を目指した新しいアプローチによって、ピラミッドの構造を調査する産学共同プロジェクトGiza 3D Surveyを推進中。
著書に『ピラミッド・タウンを発掘する』(新潮社)がある。
2016年ナショナル ジオグラフィックのエマージング・エクスプローラーに選出。

本書のサンプル(画像クリックで拡大)

「はじめに」

写真と文でわかりやすく説明。

わかりやすく楽しいイラストで、より理解を深められます。

後半はピラミッドの謎に挑む現場の様子をお伝えします。

写真を多数収録しています。

※本書はWebナショジオの連載「新たなピラミッド像を追って」の一部を再編集、大幅に加筆したものです。