本書の内容

「ナショナル ジオグラフィック別冊」シリーズ第1弾。雪男や吸血鬼、ゾンビ、ドラゴンといった伝説上のモンスター、UFO・宇宙人やミステリーサークル、バミューダトライアングルから、超能力などの未確認の現象、ピラミッドやストーンヘンジ、モアイ、アトランティスなどの古代文明・遺跡に至るまで、現代でもなお謎に満ちている事象に対し、最新の科学を駆使して検証し、その真実に迫るエンターテインメント読み物。

現代科学でも解けない謎が、世界にはまだあるのだろうか。

【目次】
◆はじめに
◆謎の生き物、神話、モンスター

 ビッグフット、ネス湖の怪物、打ち上げられた謎の海洋生物、古くから語り継がれてきたモンスターたちは実在するのだろうか……。最先端の科学は、神秘のベールに包まれていた謎の正体を白日の下にさらそうとしている。
◆UFO、民間伝承、幽霊の物語
 科学者たちは、UFO、幽霊、魔女など、これまで誰も説明できなかった様々な謎の解明に果敢に取り組み、その真相を明らかにしつつある。
◆古代の伝説と聖なる場所
 古代エジプトにおける死の儀式、失われたマヤ帝国、隠された地下世界など、これまで想像でしか語られなかった古代文明の実相が最新の研究・探査手法によってその姿を現し始めている。

本書のサンプル(画像クリックで拡大)

多くの人が一度は聞いたことがあるテーマを多数取り上げ、ナショジオならではの美しい写真やビジュアルで解説。知的好奇心を刺激されるインパクトのある楽しい一冊。

オランダ・イデの湿地で見つかった少女のミイラ。保存状態がよく生前の姿が見えるようだ。

森の中をさまようビッグフット。

9世紀に建てられた「鳩の館」(メキシコ)。夜空に光が射し込んでいる。

生き血を吸う伝説の吸血鬼。起源は古代ローマ、ギリシャ、エジプトにまでさかのぼる。

古の繁栄が幻だったかのように広がる壮大な廃墟。