本書の内容

125種、140余点の豊富な図版!

多様な図版を豊富に収録。この1冊で地図の歴史を概観できます。

2万5000年前の地図から、衛星画像まで

人類がつねに携えてきた地図の歴史を、この1冊でたどることができます。

5つのテーマに分けて紹介

人類が世界をどのように認識して地図に表したのか、それをどのように利用したのかという観点から、章を5つに分けて、それぞれ特徴的な地図を紹介しています。

有名作はもちろん、知られざる地域の地図も

世界地図の傑作と名高いブラウの地図から、マンモスの牙に刻まれた地図や水の流れを表したマーシャル諸島の地図、伊能忠敬による実測日本地図、現実と神話世界が分かちがたい地図など、多様な地図を収録しています。

地図は道案内としてだけではなく、人類が世界や宇宙をどのようにとらえたのか、空間をどのように図面に落とし込んだのか、何に価値をおき、何を目的としたのか、などのことを伝えてきます。現代の私たちがすぐに読み解ける地図もあれば、まったく読み方のわからない地図もあります。地図とは一定のものを指すわけではありません。文化や時代によって変遷する「地図」の世界を一望できる1冊です。


目次

  • Chapter1 われらが大地
    初期の地図は居住者たちによって作られた
  • Chapter2 山海を越えて
    旅や移動を収録した地図の数々
  • Chapter3 探検と領土拡大
    「探検」がもたらした地図のさらなる拡大
  • Chapter4 世界観の変客
    世紀を跨いだ遠方への旅が地図を完成に導いた
  • Chapter5 主題図の登場
    題材・使用目的を絞った地図の発展

本書のサンプル(画像クリックで拡大)

様々な地図を紹介

はじめに

目次