本書の内容

瀬戸内海に浮かぶ4キロのちいさな「うさぎ島」の、
もふもふでかわいい、うさぎ写真集。

しあわせ動物写真家の福田幸広さんが、広島の瀬戸内海に浮かぶちいさな島で、野生のうさぎたちを撮影しました。 うさぎたちのリラックスしすぎる無防備な姿や、野生ならではのアクティブに動く姿など、他では見られないうさぎ写真100点をご堪能ください。

「うさぎ島」とは

野生のうさぎが約700匹! 瀬戸内海に浮かぶ周囲4キロの大久野島はうさぎファンの聖地ともいわれ、毎年10万人以上の人が訪れています。人家はなく、宿泊施設が1軒のみの、うさぎを堪能するための島です。

うさぎ写真の数々(photo:福田幸広)(画像クリックで拡大)

シチュエーションごとにうさぎを紹介しています。

リラックス度がわかる写真もあります。

「うさくち」は萌えポイントの1つ。

うさぎのいろいろなしぐさが見られます。

意外とアクティブだったりも。

うさぎ島への行き方やルールも解説。

著者紹介


Photo:ETSUKO YUKI

福田幸広(しあわせ動物写真家)

1965年生まれ。しあわせ動物写真家。日本大学農獣医学部卒。
1981年、高校1年生の春休みに夜行列車を乗り継ぎ、北海道釧路でタンチョウを見る。
その素晴らしさに魅せられ、以来毎年、北海道を訪れるようになった。
大学卒業後、1年間のサラリーマン経験を経て、フリーの写真家となる。
憧れだった海の撮影も始め、現在は動物、水中、風景の3本柱で取材を行う。
「山もいいけど、海もいい!」をモットーに自然があればどこでも楽しく
好きな場所や動物がいる場所でじっくりと時間をかけて撮影している。
ナショナル ジオグラフィック誌英語版2008年7月号に、
香川県小豆島で撮影した、密集するニホンザルの写真を掲載、世界に紹介された。
主な著書に『PENGUIN LAND ペンギンたちの国』(青菁社)、 『ウマがうんこした』『ねむいんだもん』 『オオサンショウウオ』(以上、そうえん社)、 『うさぎじまのうさぎちゃん』(小学館)など。