TOP  > ストア  > 絶対に見られない世界の秘宝99

ナショナルジオグラフィックの商品を、探す・購入する ナショジオ・ストア

絶対に見られない世界の秘宝99

絶対に見られない世界の秘宝99テンプル騎士団の財宝からアマゾンの黄金都市まで

失われた秘宝の謎に、イラストと写真で迫る!好奇心を刺激する、禁断の書籍。

定価:本体2,200円+税

  • カートに入れる

その他取扱書店

電子書籍版はこちら

本書の内容

秘宝、財宝に芸術作品、古代の都市や特殊な技術……
失われた人類の貴重な財産と、その謎に迫る!

戦乱や災害、盗難や事故などで失われた大切な人類の財産。
王室や貴族の秘宝だけでなく、貴重な絵画、音楽、文学などの芸術作品、古代の文明や都市、伝説上の人物、特殊な技術や知識に企業秘密。 もう二度と見ることのできない失われた財産の謎と、秘宝探索の手がかりに迫る。

話題となった「絶対に行けない世界の非公開区域99」に続くシリーズ第2弾!

主な収録内容

・キャプテン・キッドの財宝
・ロマノフ家のイースターエッグ
・海賊“黒ひげ”の略奪品
・インドの巨大ダイヤ
・マリー・アントワネットの逃亡資金
・Q資料
・ダマスカス鋼の製法
・死海文書「銅の巻物」
・テンプル騎士団の財宝
・レンドルシャムの森の事件簿
・アトランティス大陸
・海底の核爆弾
・モンテスマの秘宝
・フライト19編隊
・消えた植民地ロアノーク
そのほか合わせて99話を収録。

本書収録の秘宝

ロシア革命とスターリン政権にもてあそばれた悲運の宝

ロマノフ家のイースターエッグ(ロシア)

19世紀末のロシア宮廷で、皇帝が愛妃や母親に贈るため、贅の限りを尽くして宝石職人に作らせたイースターエッグ。純金にダイヤを散りばめ、精密な技巧で装飾されたエッグの数は50個に上ると言われているが、ロシア革命とその後のスターリン政権下の混乱の中で散逸し、いまだに42個しか見つかっていない。米国の有名経済誌のオーナー、マルコム・フォーブスは9個のエッグを所有していたが、このコレクションは2004年、ロシアのガス・石油業界の大物、ビクトール・ベクセリベルグに売却された。金額は実に1億ドル。もし残り8個のエッグが発見されれば、控えめに見てもその額を下回ることはないだろうと言われている。

計略で壊滅する直前に全資産をどこかに隠匿

テンプル騎士団の財宝(フランス)

聖地への巡礼に向かうキリスト教徒たちを守る目的で1119年ごろに設立された「テンプル騎士団」。わずか200年足らずのうちに、当時のヨーロッパ世界で最大の富と権力を握る組織にのし上がった。その理由は、テンプル騎士団にある特別な機能があったからだ。聖地を訪れる人々は、自分の資産を騎士団に預けてから安心して巡礼に旅立つようになり、騎士団はいつしか巨大な銀行の役割を果たすようになっていたのだ。やがて、その繁栄を妬んだフランス王フィリップ4世の計略で騎士団は壊滅するのだが、フィリップの兵隊が騎士団のパリの金庫を調べに行くと、そこはすでにもぬけの殻だった。ヨーロッパ最大の富がどこかに持ち出され、消えていたのだ。

ヨーロッパで買い集めた金銀財宝が豪華客船とともに沈没

海底に眠るマハラジャの財宝(地中海)

1915年のクリスマス直後、インドに向けて地中海を航行していた定期旅客船ペルシャ号が、ドイツの魚雷により沈められた。犠牲者は300人を超えたが、そこには乗船予定だったインドの大金持ちの王、ジャガジット・シンの名前はなかった。運の良いことに後から出航する別の船に乗ることで難を逃れたのだった。しかし沈没したペルシャ号には王族の荷物が積まれていた。派手好きで、1年の半分はヨーロッパ中を遊びまわっていた王の荷物には、その年の旅で集めた金銀や宝石が大量に含まれていた。多くは妻たちへの土産物で、財宝の価値は1915年当時で100億円以上と見られた。しかし、戦争の混乱もあってペルシャ号の沈没した場所が特定できず、引き揚げも行われなかった。しかし2003年になって、ある英国の企業が地中海の底、3000メートルで見つかった難破船の回収を引き受け、史上最も深い海底からの引き揚げ作業が始まったのだ。

大勢の軍関係者がUFOらしき不審な光と着陸の痕跡を発見

レンドルシャムの森の事件簿(英国)

1980年12月、英国の田園地方にある二つの米軍基地の上空で、大勢の軍関係者が怪しい光を目撃した。未確認飛行物体は空中に浮かんだり、着陸脚で立ったりしていて、近づくと木々の間を縫うように遠ざかって行った。森の周辺では動物たちが「狂ったように騒いでいた」という。森には、何かが着陸したと思われる三つの窪みがあり、周囲の樹木には焼け焦げた跡や太い枝の折れた跡があった。報告を受けた英国防省(MoD)は、しばらくしてこれらの事象が国家の安全を脅かすことはないと宣言し、近くの灯台の明かりの見間違いであろう述べて事件を決着させた。ところが人々がこの事件を忘れかけていた2000年、ある公務員がとんでもないことを発見してしまう。実は事件に関する膨大な量の記録文書がなぜかすべて消失、行方不明になっていたのだ。

北米大陸に初めて入植した100人あまりの英国人が消えていた

消えたロアノーク植民地(米国)

コロンブスが新大陸を発見してから90年ほどした1584年、英国人探検家のウォルター・ローリーは現在のノースカロライナ州東岸にあるロアノーク島に、初めての植民地をつくるため足を踏み入れた。しかし、先住民との争いが絶えず、入植者たちは何度も危機に陥った。1587年には英国から到着した115人ほどの入植者が新しい村を築き、暮らしは軌道に乗りかけていたが、先住民との関係は相変わらず緊張を強めていた。そこで人々は知事のジョン・ホワイトに、本国に戻って救援を求めるよう懇願した。帰国したホワイトは、ロアノークになかなか戻ることができなかった。スペインと英国の戦争が激化していたからだ。そして1590年8月、やっとのことでロアノーク島に戻ってきたホワイトが見たものは、荒らされた形跡もなく整然とした、無人の村落だった。
詳細
●定価:本体2,200円+税
●発行日:2015/7/21
●ダニエル・スミス 著
●サイズ:228×174mm 256ページ 
●日本語翻訳版、ソフトカバー
●オールカラー
●ISBN:9784863133242
●直販商品番号:G12700
  • カートに入れる

オススメ

  • 世界の果てのありえない場所 定価:本体2,600円+税

  • 魅惑の財宝伝説 定価:本体1,400円+税

  • ロボットの歴史を作ったロボット100 定価:本体2,800円+税

  • 食材の科学 定価:本体1,400円+税

  • 科学で解き明かす超常現象 定価:本体1,400円+税

  • 世界の美しい地下鉄マップ 定価:本体3,200円+税

  • スター・トレック オフィシャル宇宙ガイド 定価:本体2,400円+税

  • SUPERCARS 世紀の名車100 定価:本体4,500円+税

  • すばらしい黄金の暗闇世界 定価:本体1,800円+税

  • ナショジオと考える 地球と食の未来 定価:本体1,000円+税

  • 朝型勤務がダメな理由 定価:本体1,400円+税

  • TOKYO 世界の絶品スイーツめぐり 定価:本体1,600円+税

  • 絶対に明かされない
    世界の未解決ファイル99 定価:本体2,200円+税

  • 生き物の不思議な力 定価:本体1,200円+税

  • 絶対に行けない世界の非公開区域99 定価:本体2,200円+税

  • ビジュアル ダ・ヴィンチ全記録 定価:本体2,800円+税

  • 地球のハローワーク 定価:本体1,900円+税

  • 人生を変えた1枚。人生を変える1枚。 定価:本体1,389円+税

  • プロの撮り方 構図の法則 定価:本体2,800円+税

  • 日本版バックナンバー・セット2016 定価:本体8,611円+税

  • バックナンバーDVD 2012-2016 価格:本体32,000円+税

  • 地図の物語 定価:本体2,700円+税

  • SONY DESIGN 定価:本体9,000円+税

  • 遙かなるグルクン 定価:本体3,400円+税

  • 新生バチカン 教皇フランシスコの挑戦 定価:本体2,800円+税

  • プロが教える夜景写真 定価:本体1,950円+税

  • 地球の真実 定価:本体1,806円+税

  • プロの撮り方 創造力を極める 定価:本体2,300円+税

  • ピュリツァー賞 受賞写真 全記録 第2版 定価:本体3,900円+税

  • イエス・キリスト 価格:本体2,838円+税

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー