Photo Stories撮影ストーリー

プリピャチへ向かう途中、空っぽになった豚の飼育小屋でひと休みするクニャーゼフ氏(通称ジムサイド)。「私を惹き付けるのは、ゾーン内の自由さです」と彼は言う。「ここは2500平方キロの広さがあり、事実上、人はまったくいません。どの家にも、どのアパートにも自由に入って、そこで暮らし、歴史を感じることができるのです」(PHOTOGRAPH BY PIERPAOLO MITTICA, PARALLELOZERO)

チェルノブイリの記憶、立入禁止区域に侵入する「ストーカー」写真16点

2017.12.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「線量計がないところに放射線なし」

 人々が大急ぎで街を後にしてから31年、廃墟は生い茂る植物に占拠され、そこを動物たちが自由に闊歩している。認可を受けたルートであれば、放射線量も低く、旅行者も比較的安心して過ごせる。しかし、ストーカーは自己の安全を顧みないことが多く、濾過していない水を飲み、野外になっている木の実を食べ、汚染された物体に触れるといった行為を繰り返す。

 彼らの間では「線量計がないところに放射線なし」という言葉がもてはやされているくらいだ。

 ウクライナ国立放射線医学研究センターで線量測定・放射線衛生学科長を務めるヴァディム・チュマク氏のような科学者は、こうした考え方に異議を唱えている。「ストーカーとは、高所から飛び降りるベースジャンパーや、サメと一緒に泳ごうとする人たちと同じカテゴリーに属する人々です。彼らはアドレナリン中毒にかかっており、危険なものにはなんであれ魅力を感じるのです」

豚の飼育小屋で火をおこすクニャーゼフ氏。彼は立入禁止区域に50回以上足を運んでいる。ここへ来ようと思い立ったきっかけは、パソコン用ゲームの『S.T.A.L.K.E.R.』と、叔父が放射線を帯びた車の廃棄場となったラスソハで働いていたことだという。(PHOTOGRAPH BY PIERPAOLO MITTICA, PARALLELOZERO)

 チュマク氏は警告する。「放射線には匂いも味もありませんから、人類は進化の過程でこれを感知するセンサーを獲得していません。その結果、電離放射線に関するリスクは軽く見られがちです。ベースジャンパーが地面に激突すれば、その危険性は明らかですが、放射線被爆から15年後にがんになっても、そこまでの衝撃はないのです」。また、放射線量が比較的低かったとしても、不安定な建造物、思わぬところに開いた縦穴、川や湖、野生動物などが、より大きな危険をもたらすことがある。(参考記事:「核の亡霊――世界の核実験の4分の1が行われた土地は今 写真24点」

 ストーカーは自らの健康には無頓着だが、汚染が自分たちの社会にもたらす脅威について知らないわけではない。「ゾーンに関して最も不条理だと感じるのは、人間とその利益への渇望です」とクニャーゼフ氏は話す。「ここにやってくる人々は、森の木や、放射線技術の墓場にある汚染された金属を外へ持ち出し、原料として売りさばいています。こうした物に接触した人々から、新たながん患者が出るかもしれません。木材からはベビーベッドが、鉄からはおもちゃが作られる可能性があるのですから」

【フォトギャラリー】チェルノブイリに侵入する「ストーカー」 写真17点を見る(画像のクリックで表示)

 2017年現在、世界では448基の原子力発電所が稼働しており、さらに60基近くが建設中だ。

文=Gulnaz Khan/写真=Pierpaolo Mittica, Parallelozero/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ