Photo Stories撮影ストーリー

クリジナー鍾乳洞全長8273メートルの洞窟。エベレストの標高に匹敵する長さだが、スロベニアでは中規模の洞窟とみなされている。エメラルドグリーンの湖がいくつもつながる美しい洞窟で、全体が手厚く保護されている(年間の入場者数を1000人に制限)。(PHOTOGRAPH BY ROBBIE SHONE, NATIONAL GEOGRAPHIC)

スロベニア、川が流れる洞窟の絶景 写真11点

2017.11.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヨーロッパ、アルプス山脈の南端に位置するスロベニアは、洞窟探検で世界的に有名な国だ。四国ほどの大きさの国土に約8000の洞窟がある。なかでもおよそ20の洞窟は独特の美しさを持ち、そのスケールは中国南東部やベトナム、ラオス、パプアニューギニアの巨大カルストの洞窟にも引けを取らない。(参考記事:「ドローンで空撮、巨大洞窟の鳥肌ものの地下世界」

 スロベニアにはいくつもの川があり、そのほとんどが地上を流れている。ところが、いくつか特定の場所で奇妙に地上から姿を消す川がある。多孔質の石灰岩を通り抜けて、地中の洞窟に流れ込むのだ。

 英国生まれで現在はオーストリアに暮らす写真家兼洞窟探検家ロビー・ショーン氏は、スロベニアの有名なレカ川、ラク川、ピフカ川の地中での姿、つまり洞窟内を流れる川を撮影し続けている。(参考記事:「ナショジオ写真家による美しい洞窟写真9点とその撮り方」

カチェナ洞窟
洞窟の入り口は天窓の約75メートル上にあり、川から天窓までの高さも約75メートルある。つまり、入り口から洞窟の底までロープで150メートル下らなければならない。(PHOTOGRAPH BY ROBBIE SHONE, NATIONAL GEOGRAPHIC)

 レカ川は、スロベニアのシュコツィアン村で突然、岩穴に吸い込まれる。地下にはユネスコの世界遺産にも登録されているシュコツィアン洞窟群があり、まるで川が丸ごと地面に飲み込まれるような光景を見ることができる。レカ川は約40キロ下流のイタリア、モンファルコーネ近郊で再び姿を現し、ティマボ川となって2キロほど流れるとアドリア海に注ぐ。

「川のある洞窟は決して珍しいものではありません。世界中にあります。しかし、こんなに大きなサイズになっているカルスト地形は貴重です」と、スロベニアの洞窟探検家カタリナ・コシック・フィッコ氏は語る。彼女はカルスト地形の研究者であり、4人から成るショーン氏の洞窟探検チームの一員でもある。

 スロベニア南西部には、クラス台地と呼ばれる広大な石灰岩の地形があり、その下には石灰岩が長い年月をかけて浸食された複雑な地下世界が広がる。「クラス」はスロベニア語で岩石や不毛の地を意味し、「カルスト」はクラスから派生した言葉だ。

「私が洞窟探検を愛している主な理由は、未知なる場所を探検できること、洞窟の成り立ちについていつも新しい発見があることです」とコシック・フィッコ氏。「非科学的な視点から見ても、川の洞窟は最高です。地下でキャニオニングを楽しんだり、太陽の光が届かない水面に浮かんだりできるほか、洞窟に暮らす水生生物の観察や、美しい鍾乳石だって鑑賞できるのですから」

【ギャラリー】スロベニア、川が流れる洞窟の絶景 写真11点
写真クリックでギャラリーページをご覧いただけます。

冷蔵庫にも武器庫にも

 スロベニアの洞窟は歴史を通じてさまざまな役割を果たしてきた。水源や冷蔵庫として利用されただけでなく、戦争中は武器庫にもなった。クリジナー鍾乳洞は氷河時代、クマたちの避難所として使われたらしく、約2000頭の骨格が洞窟内に残されている。川の洞窟には今も、希少なものを含め数多くの生物が暮らしている。(参考記事:「フォトギャラリー:奇妙で美しい暗闇の生き物たち」

 ポストイナ鍾乳洞は、最も多くの観光客が訪れるスロベニア最大の洞窟だ。観光客を乗せた列車が迷路のような洞窟を走り、化石や驚異的な鍾乳石を見学できるホールもある。ポストイナ鍾乳洞と近くのプラニナ鍾乳洞にはホライモリも生息している。ホライモリは洞窟にすむ珍しい両生類で、絶滅が危ぶまれている。

「スロベニアは洞窟探検の発祥地と広く考えられています」とコシック・フィッコ氏は話す。「さまざまな洞窟があり、誰でも地下に潜ることができます。観光客向けの手軽なものから世界最深クラスまで、自分のスキルに合った洞窟を見つけることができます」(参考記事:「ウズベキスタン 底知れない洞窟へ」

【写真をもっと見る】ギャラリー:スロベニアの洞窟絶景写真 残り8点

【参考ギャラリー】え?こんなところにも!ハンモックで寝る人たちのすごい写真26点(写真クリックでギャラリーへ)

文=Andrew Bisharat/写真=Robbie Shone/訳=米井香織

おすすめ関連書籍

究極の洞窟

巨大洞窟、結晶洞窟、水中洞窟・・・ みたことのない神秘の“地底旅行”への誘い

定価:本体1,800円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ