Photo Stories撮影ストーリー

ヌル・アイシャさんは、自宅にいる時にミャンマー軍に放火され、顔と腕に火傷を負った。クトゥパロングに避難し、治療を受けた。(PHOTOGRAPH BY WILLIAM DANIELS, NATIONAL GEOGRAPHIC)

最悪の瞬間はレイプの後に訪れた、弾圧される民族ロヒンギャ

2017.09.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で最も弾圧されている民族ロヒンギャのレポート後編。暮らしていたミャンマーから逃げ延びた彼らは、バングラデシュでも受け入れられず、行き場を失いつつある。(ミャンマーでの苦境を伝えた前編「処刑、掃討、性暴力、世界で最も弾圧されている民族ロヒンギャ」はこちらでお読みください)


 2016年10月にミャンマー国軍の襲撃を受け、住んでいた村を離れたロヒンギャの少女アフィファさんは、父親と兄弟とともに、ミャンマー国内で5カ月間にわたって逃亡生活を続けた。軍と鉢合わせないようできるだけ森に隠れ、何日も食べ物が手に入らないこともあった。

 バングラデシュとの国境を流れるナフ川を最初に渡ろうとしたとき、ミャンマー軍の警備艇が発砲してきて、アフィファさんたちのボートは転覆し、数人の難民が命を落とした。再び川を渡ろうと決意したのは、それから3カ月後だった。

 私がアフィファさんと出会ったのは、2017年3月のことだった。その日、アフィファさんの家族の半分がついにバルカリの難民キャンプにたどり着いたのだった。1万1000人以上の難民が新たにキャンプに到着し、森林に覆われた丘は竹でできた掘立小屋と黒い防水シートで埋め尽くされた。

夕方、クトゥパロングで子どもたちがよく集まる遊び場へ向かう少年。(PHOTOGRAPH BY WILLIAM DANIELS, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 アフィファさんは、5カ月前に兵士の前で踊った時に身に着けていたのと同じ、シミがついた茶色いシャツを着ていた。

「これしか持っていないんです」

 同じ村出身の別の家族が、食べ物と安全に寝ることのできる場所を分け与えてくれた。ただ、アフィファさんの父、イスラムさんは静かに涙を流していた。彼の妻とあと5人の子どもたちは、いまだにミャンマーのどこかに隠れているのだ。(参考記事:「胸に刺さる、「助けの必要性」を訴える写真12点」

最悪の瞬間

 バングラデシュの国境沿いに並ぶ難民キャンプは、同国のリゾート地コックス・バザールから車でわずかの距離しか離れていない。観光客が広い砂浜で遊んだり、笑顔で写真を撮っているそのわずか数キロ先で、多くの難民が見捨てられ、絶望に打ちひしがれている。

 ロジーナ・アクタールさん(22歳)は、7歳の時からクトゥパロングの難民キャンプに住んでいる。ここを出たくても出られないという。「パスポートも身分証明書も持っていないんです。どうしようもないでしょう」。そして、新しく避難してきた人々がキャンプでの生活に慣れるための手助けをしている。「彼らを拒否することなどできません。私たちの兄弟姉妹なんですから」

 アクタールさんは医療ケアや防水シート、食料配給の受け方などを教えているが、難民たちが本当に必要としているのは仕事だ。男性は、日雇いの漁や米の収穫、塩田での労働といった日給1~2ドル程度の仕事を時折見つけることができるが、女性の多くはキャンプの敷地外で物乞いをしている。(参考記事:「バングラデシュ 船の墓場で働く」

地元漁師に雇われ、船を海へ押し出すロヒンギャの男たち。彼らは、この船に乗って一夜を明かす。(PHOTOGRAPH BY WILLIAM DANIELS, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 枝を大きく張ったイチジクの木の下で、クトゥパロングの新しい住人らがミャンマーでの凄まじい経験を語り合っていた。ヌル・アイシャさん(40歳)は、頭に着けていた布を取って額にできた真っ白な火傷の痕を見せてくれた。彼女がまだ中にいるというのに、兵士たちが家に火をつけたのだという。別の難民は、軍が火炎瓶を家の中に投げ入れ、出産を助けるために家にいた男女7人を、妊婦も含め射殺したと語った。

 黒いブルカ(イスラム女性が身に着けるベール)をまとった18歳のミナラさんは、家族が行方不明になったと話していたが、やがてほかの女性たちと一緒にミャンマー軍の兵士に集団でレイプされたことを打ち明けた。

コックス・バザールにある加工場で魚を天日干しにするノール・ハバさん。ここで10年間働いているハバさんは、クトゥパロングの難民キャンプで夫と4人の子どもたちと暮らしている。夫は、仕事を探しているが見つからない。(PHOTOGRAPH BY WILLIAM DANIELS, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 27歳のヤスミンさんも、自宅に押し入ってきた複数のミャンマー軍兵士にナイフを突きつけられ、5歳の娘の目の前でレイプされたという。「娘が泣き叫ぶと、やつらは銃を向けて、黙らないと殺してやると脅したんです」。だが、最悪の瞬間は兵士が立ち去った後に訪れた。村に入ってきた兵士を見て逃げ出した8歳の息子を探しに外へ出てみると、水田に倒れている息子の遺体を発見したのだ。背中を、銃で撃たれていたという。(参考記事:「幼くして花嫁に、東欧ジョージアに残る児童婚の現実20点」

次ページ:受け入れる意志のない国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ