Photo Stories撮影ストーリー

インド洋の水深15メートルのところで眠っている、マッコウクジラの群れ。その数は30頭を超す。このように立った状態で、何分もあるいは何時間も動かずにいる。このクジラはすべてメスで、子どもたちは親が寝ている間、水面で過ごす。(Photograph by Stephane Granzotto)

集団で「立ち寝」をする巨大クジラ、熟睡中?

2017.08.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大人が眠っている間、子どもは水面を泳いでいる。(Photograph by Stephane Granzotto)
[画像のクリックで拡大表示]
眠るマッコウクジラと、水面を泳ぐ子ども。(Photograph by Stephane Granzotto)
[画像のクリックで拡大表示]
「私がいても、このマッコウクジラは眠り続けていました」と写真家のステファン・グランゾット氏は語る。(Photograph by Stephane Granzotto)
[画像のクリックで拡大表示]
このクジラの大集団は、突然潜っていき、一緒に睡眠の姿勢を取った。(Photograph by Stephane Granzotto)
[画像のクリックで拡大表示]
これは大変珍しい光景だ。このクジラは眠っているのではない。赤ん坊が母親の腹部に頭を押しつけて乳をねだると、母親は止まって立ち泳ぎの姿勢になった。(Photograph by Stephane Granzotto)
[画像のクリックで拡大表示]
立ち寝するマッコウクジラ。ただし、頭を下に向けている。(Photograph by Stephane Granzotto)
[画像のクリックで拡大表示]
この大人は立って寝ていたが、撮影者が近づくと去っていった。(Photograph by Stephane Granzotto)
[画像のクリックで拡大表示]

文=Sarah Gibbens/訳=山内百合子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ