Photo Stories撮影ストーリー

冬の終わりは、キタキツネたちの恋の季節。3月の夕暮れ時、狩りから戻ってきた雄と雌がじゃれ合いながら、雪に覆われた美瑛(びえい)の丘で追いかけっこをしていた。(Photograph by Hiroki Inoue)

キタキツネを追いかけて

2017.04.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アスファルトの上で、くるりと体を丸めたキツネ。知床国立公園 11月(Photograph by Hiroki Inoue)
[画像のクリックで拡大表示]
初夏でも冷え込む山の朝、気持ちよさそうに朝日を浴びるキタキツネ。大雪山国立公園 7月(Photograph by Hiroki Inoue)
[画像のクリックで拡大表示]
春になると、トラクターの軽快なエンジン音が丘に響き始める。キツネたちは子育てに大忙しだ。美瑛町 5月(Photograph by Hiroki Inoue)
[画像のクリックで拡大表示]
子ギツネたちが、巣の外に出始める季節。小さな兄弟が、食べ物を探しにいった母親の帰りを待っていた。旭川市 5月(Photograph by Hiroki Inoue)
[画像のクリックで拡大表示]
1時間おきに餌を探しに出かける母親のいない間に、小さな子ギツネが冒険に乗り出した。東神楽町 5月(Photograph by Hiroki Inoue)
[画像のクリックで拡大表示]
緑の茂みと親ギツネに守られた、生後数カ月の子ギツネ。木の上でカラスが鳴くと、声のした方を不思議そうに見上げていた。旭川市 5月(Photograph by Hiroki Inoue)
[画像のクリックで拡大表示]
大きな台風が温帯低気圧となり、北海道へと接近中の朝。怪しい雲行きの空の下、丘の稜線を一頭のキツネがさっそうと歩いていった。美瑛町 9月(Photograph by Hiroki Inoue)
[画像のクリックで拡大表示]
【動画】ぐんと冷え込んだ冬の日には、運が良ければ、きらめくダイヤモンドダストを見ることができる。(Video by Hiroki Inoue)

写真家、井上浩輝氏の紹介ページはこちら

ナショナル ジオグラフィック日本版2017年5月号

 井上浩輝氏が撮影したキタキツネの写真を「写真は語る」に収録。その他、天才の系譜やインドの花売りなどの特集を掲載しています。

写真・文=井上浩輝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ