Photo Stories撮影ストーリー

ゾウを使ったショーはサーカスで人気の演目だったが、近年は厳しい目が注がれている。(PHOTOGRAPH BY ATWELL, H. A., NATIONAL GEOGRAPHIC)

ゾウと人の付き合い100年の変遷、写真16点

2017.02.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナショナル ジオグラフィック誌は100年以上にわたり、ゾウの写真を掲載してきた。ここに載せた16点の写真からは、人とゾウの付き合い方の変遷が見て取れる。

19世紀以降、欧米ではビリヤードの球からピアノの鍵盤まで、象牙製品の需要が急増した。1912年のこの写真はハンターに殺された雄のゾウ。(PHOTOGRAPH BY CARL E. AKELEY, NATIONAL GEOGRAHPIC)
[画像のクリックで拡大表示]
20世紀初頭にタンザニアのザンジバルで撮影された世界最大の象牙。長さは成人の身長の2倍近くある。(PHOTOGRAPH BY A. C. GOMES AND CO., NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]
英国植民地だったセイロン(今日のスリランカ)で、切り開かれたばかりの土地でゾウに乗る男性。(PHOTOGRAPH BY ALEXANDER GRAHAM BELL, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]
インドのカジランガ国立公園で保護されているゾウの群れが、餌を食べたり水を飲んだりしている。(PHOTOGRAPH BY STEVE WINTER, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]
スーダンのスッド湿地で、森林火災の焼け跡を駆け抜けてゆく数百頭のゾウの群れ。乾期には湿地のあちこちで森林火災が発生する。(PHOTOGRAPH BY GEORGE STEINMETZ, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]
ケニアのサンブル国立保護区。群れでひときわ目立つ雌のゾウ。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL NICHOLS, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]
ケニアのサンブル国立保護区で、年長の家族に囲まれて川を渡る赤ちゃんゾウ。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL NICHOLS, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]
ケニアのサンブル国立保護区で、お互いの牙を突き合わせる年若いゾウたちを、年長の家族がそっと見守る。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL NICHOLS, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]
ケニアのデイビッド・シェルドリック・ワイルドライフ・トラストで、みなしごゾウたちがレンガ色の泥を体に塗りつけている。これは、虫を近づけず、アフリカの強烈な日差しから皮膚を守るために欠かせない習慣だ。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL NICHOLS, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]
ボツワナのチョベ川の近くで、侵入者と戦う群れのリーダー。(PHOTOGRAPH BY CHRIS JOHNS, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]
作物を食い荒らすアンテロープなどを捕まえるためのワナが、ほかの動物の命を奪うこともある。(PHOTOGRAPH MICHAEL NICHOLS, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]
カメルーンのブバ・ンジダ国立公園で、死んだアフリカゾウをそっとなでる男性。(PHOTOGRAPH BY BRENT STIRTON, NATIONAL GEOGRAPHIC/GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]
象牙がブラック・マーケットに流れることがないように、不法に殺された雄のゾウの死体から牙を除去するケニアのアンボセリ国立公園のレンジャーたち。(PHOTOGRAPH BY BRENT STIRTON, NATIONAL GEOGRAPHIC/GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]
雨期のケニアで、みなしごゾウ「シュクル」を母親のように見守るデイビッド・シェルドリック・ワイルドライフ・トラストの監視員たち。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL NICHOLS, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]
乾期のチャドのザクーマ国立公園で、月明かりの下、最後に残った水たまりで冷たい水を味わうゾウの群れ。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL NICHOLS, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

参考記事:
特集「サンブル 愛に満ちたゾウの大家族」
特集「みなしごゾウを育てる」
特集「大集合!インドのカラフルなゾウたち」
「【動画】脚を撃たれた子ゾウが9カ月で歩行可能に」

訳=三枝小夜子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ