Photo Stories 撮影ストーリー

遊んだ後、子どもたちは木に登り、眠ってしまった。(PHOTOGRAPH BY KARINE AIGNER)

ボブキャット:滅多に姿を見せない野生ネコ家族と過ごした夏 写真12点

2018.05.15

 2017年6月の暑い日、野生動物の写真家カリーヌ・アイグナー氏はボブキャットと出会い、思いもよらない関係が始まった。(参考記事:「動物大図鑑 ボブキャット」

「ボブキャットが家の下に巣穴を作っているというのは、以前から聞いていました。しかし、6年間、夏に米テキサス州にあるこの牧場で写真のワークショップを開催してきましたが、1度か2度しか見たことがありませんでした」

 ボブキャットは米国に広く生息しているが、極めて警戒心が強く、通常はちらりと見かける程度で、ゆっくり観察できることは滅多にない。アイグナー氏は、ボブキャットを本格的な被写体として考えたことはなかった。(参考記事:「【動画】ボブキャットが大型サケを捕らえる」

【ギャラリー】ボブキャットの家族が写真家に見せた生活 写真12点(写真クリックでギャラリーページへ)
他のボブキャットはフェンスを飛び越すが、この母ボブキャットは金網のわずか15センチ四方ほどの小さな隙間をくぐり抜ける。(PHOTOGRAPH BY KARINE AIGNER)

 だが、その日、1匹のボブキャットの子どもが中庭を突っ切っていくのを見て、アイグナー氏は自分の運を試してみることにした。「中庭のイスに迷彩柄のネットを取り付け、撮影用の簡単な隠れ場所を作ってみたのです」

 暑い午後の日射しの中、彼女は庭のデッキに水の入ったボウルを置き、汗だくになりながら600mmの望遠レンズを構えていた。(参考記事:「命や手足を失わずに野生動物の傑作写真を撮る方法」

「太陽が沈み始めたとき、ボブキャットは静かに前触れもなく現れました。いかにもこの動物らしい登場でした」とアイグナー氏はそのときを振り返る。ボウルの水をピチャピチャと飲むボブキャットのそばに1匹の子どもが寄り添っているのを見て、ワクワクしたという。後にこの母ボブキャットは、「ママキャット」と呼ばれることになる。「永遠にも思える長い間、私たちは見つめ合いました。せっかく隠れ場所を作ったのに、まったく役に立ちませんでした」(参考記事:「ひそやかなネコ」

【ギャラリー】ボブキャットの家族が写真家に見せた生活 写真12点(写真クリックでギャラリーページへ)
母親は毎日子どもたちの面倒をよく見て、いろいろなことを教えていた。(PHOTOGRAPH BY KARINE AIGNER)

 アイグナー氏はその夏の予定を変更し、ママキャットとその3匹の子どもたちとともに過ごすことにした。ボブキャットの一家は、日中は家の下で寝ており、暑さがおさまると外に出てきて、水を飲み、遊び、毛づくろいをした。そんな日常生活を静かに観察して過ごした。

「突然、ママキャットがフェンスを通り抜けて外に出ました」と同氏は語る。「まるで無言の命令でもあったかのように、3匹の子ボブキャットはデッキに並んで、ママキャットが出かけていくのを見ていました。あたかもママキャットが子どもを私に預けていったかのように思えました。ボブキャットは危険な兆候があれば、巣穴を移動するものです。だけど、ママキャットはそうしませんでした」(参考記事:「高級ヤマネコ毛皮の陰に、残酷なわな」

【参考動画】世界のキュートな野生ネコ(解説は英語です)
ナショナル ジオグラフィックの写真家ジョエル・サートレイがPhoto Arkプロジェクトの一環で野生ネコたちを撮影した。

次ページ:ママキャットの子育て、そして別れ

おすすめ関連書籍

ひそやかなネコ

小型野生ネコの姿

雑誌「ナショナル ジオグラフィック日本版」の好評記事をデジタル化してお届けする「ナショジオ・セレクション」。

定価:本体300円+税

Photo Stories 一覧へ