Photo Stories撮影ストーリー

ジョージアのカケティ地方で、結婚式当日に花婿の到着を待つ17歳のアゼリー人少女。22歳の結婚相手とは、1カ月前の婚約披露式で初めて顔を合わせた。(PHOTOGRAPH BY DARO SULAKAURI)

幼くして花嫁に、東欧ジョージアに残る児童婚の現実20点

2016.12.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東ヨーロッパの国ジョージア(グルジア)で、未成年で結婚する少女の数がどれくらいなのかは、はっきりと把握できていない。

 国連人口基金の記録を見ると、少なくとも17%の少女が、同国の法律で婚姻が認められている18歳に達する前に結婚していると推測される。正確な記録が困難な理由は、法に触れるのを避けるために、本人が法定年齢に達するまで婚姻届けを提出しない家族が多いため。彼らは、田舎のモスクや教会で式だけ挙げて、文化的・宗教的には婚姻が成立したとみなしているのだ。(参考記事:特集「幼き花嫁たち」

 ジョージア出身の写真ジャーナリスト、ダロ・スラカウリ氏は、わずか12歳の時にクラスメートのひとりが結婚したことを覚えている。「複雑な気持ちを抱いた記憶があります。何かがおかしいと思ったのですが、それが何なのかは理解できませんでした」と振り返る。

 後に、人権問題の国際団体ヒューマンライツ・ハウス・ネットワークの支援金を受けて、ジョージアの女性問題について研究し始めた時に、あの時の気持ちが蘇ってきた。幼くして結婚していったクラスメートのことを思いながら、児童結婚について人々に聞いて回るようになった。すると間もなく、小さな村での結婚式に招待された。披露宴の終わり頃、若い花嫁は泣き出したという。

「花嫁はどんな気持ちだったのか。悲しくて泣いていたのか、それとも幸せだからか。私の目には、とても混乱していたように見えました。その時、この問題に本気で取り組みたいと思ったのです」

 ユニセフ(国連児童基金)は、児童婚を「子どもの基本的な権利の侵害」としている。ジョージアは、ヨーロッパでも児童婚の割合が高い国のひとつである。何世紀も前から続いてきた慣習で、特定の地域や宗教に限られていない。また、結婚の理由は町や集団によって異なるが、共通点がいくつかある。花婿はほとんどの場合花嫁よりも年上で、学校を卒業し、法定婚姻年齢に達している。通常は、花婿の母親がお見合いの段取りを整えるが、スラカウリ氏は、友だちの紹介や学校、オンラインで知り合ったというカップルにも出会った。少女たちは必ずしも強制的に結婚させられるわけではないものの、強い文化的プレッシャーがあるという。

姉の婚約披露パーティで踊る14歳の少女タムロ。アジャリア地方では同年代で結婚する少女も多い中、タムロはまず学校を卒業したいと語る。(PHOTOGRAPH BY DARO SULAKAURI)
[画像のクリックで拡大表示]

「流れに身を任せているというか、ひいひいおばあちゃんもおばあちゃんも、そしてお母さんもとても若くして結婚したからという少女が多いです。人生とはそういうもので、そうあるべきだと思い込んでいるのです」(参考記事:特集「カフカスの山に抱かれて伝統守るジョージアの村」

 スラカウリ氏の写真に写る人々は、ジョージアの少数民族で宗教的少数派に属するアゼリー人(もしくはアゼルバイジャン人)である。そこで出会った幼い花嫁の中でも、レイラという少女のことが、特に強く印象に残っているという。レイラは12歳で結婚し、夫の家族とともに暮らしていた。最初に会った時は、色々なことを話してくれたという。「将来にあれこれと夢を持っていました。スタイリストにもなりたいと言い、学校にも通い続けたいし、まだまだやりたいことがたくさんあると話していました」

婚約披露パーティの賑わいから離れて、一息つく女性と子どもたち。(PHOTOGRAPH BY DARO SULAKAURI)
[画像のクリックで拡大表示]

 1年後にレイラと再会したが、その時は状況が大きく変わっていた。「13歳で既に主婦となり、学校へも行くことはないでしょう。ある意味、彼女にとってそこで人生は終わってしまったようなものです」

 少女たちの人生を永久に変えてしまうのは、中途退学したという事実だけではない。ジョージアでは、性教育が存在しないも同然だ。中には、結婚とは何を伴うものであるかを、結婚式の後まで理解していない少女も多い。2010年に行われた生殖医学の統計によると、15~19歳の既婚少女のうち76.6%が、現代的な避妊法を実践していないという。そのため、多くの若い花嫁が結婚直後に妊娠している。まだ完全に発達しきっていない体には、それが様々な健康問題を引き起こすことになりかねない。

美しい山の景色で有名なアジャリア地方は、残念なことに児童婚が多いことでも知られている。(PHOTOGRAPH BY DARO SULAKAURI)
[画像のクリックで拡大表示]

 スラカウリ氏は、少女たちと話をすると自分の子ども時代を思い出さずにはいられないという。「私の場合は大きく違っていました。子どもでいる限りは、子どもとしていられたのです」。同じような子ども時代を、写真に写った花嫁たちのために取り戻してあげることはできないとしても、それらの写真が他の少女の未来を変えることができればと、スラカウリ氏は願っている。

「私の国の人々に、自分たちの国で起こっていることなのだと伝えたかったのです。そこから変化が生まれます。『こんなことが起きてはいけないんじゃないか。彼女たちは若すぎるんじゃないか』という会話が生まれるきっかけになればと思います」(参考記事:連載「キルギスの誘拐結婚 私が見た、4人の女性の『物語』」

次ページ:ジョージア、17歳の結婚式 8点

写真集『キルギスの誘拐結婚』

 嫌がる女性を自宅に連れ帰り、無理やり結婚させるキルギスの「誘拐結婚」。フォトジャーナリストの林典子がその一部始終に密着、さらに女性たちのその後も取材したドキュメンタリー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ