写真賞2017作品募集のお知らせ

2017.06.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品募集開始

国際的に活躍できるドキュメンタリー写真家を発掘し、日本から世界へ送り出したい―。 そんな願いを込めて創設された日経ナショナル ジオグラフィック写真賞。今年、2017年は第6回目にあたります。わたしたちの賞は世界基準で通用する作品を探している一方、 子どもたちでも感じ取れる作品の強さも同時に求めています。今年も世界での活躍を望む写真家の、力あふれるドキュメンタリー写真のご応募をお待ちしています。

募集の概要

【 選考基準 】

・真実をありのまま写していること
・美しく、驚きと発見に満ちていること
・ドキドキ、ワクワクすること
・ドキュメンタリー写真であること

【 審査部門 】

A「ネイチャー」
自然の素晴らしさや驚きの姿、動物や植物をとらえた作品
B「ピープル」
世界の人々の営み、社会、文化を活写した作品

【 応募資格 】

プロカメラマン、プロに準ずるハイアマチュア

【 作品受付期間 】

2017年9月1日(金)~2017年10月31日(火) ※デジタル写真もプリントでご応募ください

【 受賞者決定の流れ 】

審査員による厳正な審査の後「ナショナル ジオグラフィック日本版」誌上にて受賞者を発表いたします。

【 表彰 】

グランプリ
1点:賞金100万円
副賞の詳細は9月1日、本サイトにて発表の予定です。
最優秀賞
ネイチャ一部門、ピープル部門 各1点:賞金10万円
優秀賞
ネイチャ一部門、ピープル部門 各4点

    副賞のご案内 →

応募要項と応募用紙
(PDFダウンロード) →

ニューヨーク個展のレポート

米国ニューヨークでの個展開催は『日経ナショナル ジオグラフィック写真賞』のグランプリ受賞特典の一つ。歴代受賞者のニューヨーク個展のレポートをご覧ください。

2016年のグランプリ受賞者、峯水亮さんのニューヨーク個展は2017年6月に開催され、海外メディアでも数多く取り上げられました。

峯水亮 米国ニューヨーク個展体験記

→ 2012年 グランプリ受賞者 前川貴行氏
→ 2013年 グランプリ受賞者 宮武健仁氏
→ 2014年 グランプリ受賞者 竹沢うるま氏
→ 2015年 グランプリ受賞者 八木豪彦氏


審査委員

審査委員長/野町 和嘉氏※詳細プロフィールはこちら

40年にわたり、アフリカ、中東、アジア、南米を撮り続け、海外での出版、展示も多く、国際的に高い評価を得ている。我が国のドキュメンタリー写真を牽引する写真家。日本写真家協会副会長。
■ 写真集「極限高地」(小社刊)

審査委員/中村 征夫氏※詳細プロフィールはこちら

水中の魅力に魅かれ40年。水中写真家として、海の生態、環境を撮り続けている。対象への深い知識と研究を重視する。写真家がどのような努力を重ねるべきか、経験からの指導も評価が高い。
■ 写真集「遙かなるグルクン」(小社刊)
■ 写真集「美ら海 きらめく」(小社刊)

審査委員/大塚 茂夫

ナショナル ジオグラフィック日本版 編集長

ナショジオの写真についてもっと知るなら
―選考基準を満たす写真を知る

【特別協賛】
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
【協賛】
マンフロット株式会社東急リバブル株式会社凸版印刷株式会社
【後援】
公益社団法人日本写真家協会日本自然科学写真協会日本旅行写真家協会WWF ジャパン日本野鳥の会NPO 法人フォトカルチャー倶楽部クラブツーリズム株式会社

応募要項と応募用紙
(PDFダウンロード) →

  • このエントリーをはてなブックマークに追加