グランプリ

「88歳の現役医師」
八木 豪彦(埼玉県所沢市)
撮影地:福岡県北九州市
祖父は外科医。毎朝ひげをそり、血糖値を下げる薬を飲んで出勤する。職場で見せる表情には、自宅とは違う緊張感が漂う。撮影から1カ月後に引退。
[画像をタップでギャラリー表示]
[画像をタップでギャラリー表示]
[画像をタップでギャラリー表示]
[画像をタップでギャラリー表示]

ネイチャー部門

最優秀賞

「アシナガキンバエを捕食するカラスハエトリ♂」
坂本 昇久(東京都世田谷区)
撮影地:自宅スタジオ
マクロレンズでのぞくクモの世界。多焦点合成で生と死のドラマを切り取った。
[画像をタップでギャラリー表示]

優秀賞

「海中讃歌」
鍵井 靖章(神奈川県鎌倉市)
撮影地:インドネシア ラジャ・アンパット諸島
小魚の群れの間から現れた黄色いコショウダイの仲間。
[画像をタップでギャラリー表示]
「カイツブリ受難」
玉田 照清(埼玉県ふじみ野市)
撮影地:埼玉県川越市
体長2メートルほどのシマヘビが、鳥の巣を襲撃。ふ化間近の卵を飲み込んだ。
[画像をタップでギャラリー表示]
「震災後の故郷の川でいのちをつなぐ」
平井 佑之介(東京都杉並区)
撮影地:岩手県陸前高田市
震災から3年半。サケが故郷の川を上り、傷だらけの体で懸命に卵を産んでいる。
[画像をタップでギャラリー表示]
「原生林の死」
湯淺 光則(兵庫県尼崎市)
撮影地:奈良県大台ケ原
森林生態系の衰退が進行する大台ケ原を、夜空の星が照らし出す。
[画像をタップでギャラリー表示]

ピープル部門

最優秀賞

「Shipyard」
吉田 亮人(京都市)
撮影地:バングラデシュ ダッカ
船の修理・解体を行うドック。過酷な条件の下、出稼ぎ労働者たちが必死に働いている。
[画像をタップでギャラリー表示]
[画像をタップでギャラリー表示]
[画像をタップでギャラリー表示]
[画像をタップでギャラリー表示]
[画像をタップでギャラリー表示]

優秀賞

「AJKバルセリ村の生徒」
清水 匡(千葉県船橋市)
撮影地:パキスタン アーザード・ジャンムー・カシミール(AJK)
10年前に発生した大地震で多くの学校が倒壊した。勉強ができる環境はまだ整っていない。
[画像をタップでギャラリー表示]
「放牧する少女」
藤木 ケンタ(東京都目黒区)
撮影地:中国 チベット自治区ニンティ
吹雪の中、生まれたばかりの子牛を抱く少女。100頭以上の牛を放牧していた。
[画像をタップでギャラリー表示]
「内陆的土(内陸の土)」
谷口 哲(京都府向日市)
撮影地:中国 雲南省・貴州省
土とともに生きる内陸の人々。土の上に暮らし、大地の恵みを食し、やがて土にかえっていく。
[画像をタップでギャラリー表示]
[画像をタップでギャラリー表示]
[画像をタップでギャラリー表示]

過去の受賞作品 →