古代ヘブライ語で書かれているのは、「棒に下げ、2人で担ぐ」という言葉。モーセがカナンに送りこんだスパイが、2人がかりで運ばなければならないほどの大きなブドウを持ち帰ってきたとする旧約聖書の話を指すものだ。(PHOTOGRAPH BY ODED BALILTY, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像をタップでギャラリー表示]

 ノアの箱舟、紅海が分かれた奇跡、そしてアレクサンドロス大王の来訪――イスラエルの低地ガリラヤにある1500年前のシナゴーグ(ユダヤ教の会堂)の発掘が2012年に始まってから、モザイク画が相次いで見つかっている。これらは、精巧で色鮮やかなタイルで描かれたモザイク床で、絵が表す場面もさまざまだ。(参考記事:「古代シナゴーグで発見された“場違いな”もの」

 そして今回、発見されたのが、モーセが放ったスパイを描いたモザイク画だ。

 スパイのモザイク画が見つかったのは、イスラエルのフコック。現在も発掘が続く古代シナゴーグの遺跡だ。2018年7月9日付けで発表された米ノースカロライナ大学チャペルヒル校のプレスリリースによると、そのモザイク画には、棒を使ってブドウを運ぶ2人の男が描かれている。男たちの上には「棒に下げ、2人で担ぐ」という意味のヘブライ語の文字も描かれている。旧約聖書の民数記13章23節にある表現だ。(参考記事:「出エジプト描いた貴重なモザイク画が出土」

 民数記によると、エジプトから脱出したモーセは、目的地であるカナンの様子を探るためにスパイを送りこんだ。スパイは、乳と蜜が豊富にあるという話を持ち帰ってきた。ブドウは大きく、2人で運ばなければならないほどだった。ただ、民のほとんどはカナンを征服できると思っていなかった。結局、民は40年の間、荒野をさまようこととなった。

 フコックの発掘調査を指揮しているのは、考古学者のジョディ・マグネス氏だ。この調査は、ナショナル ジオグラフィック協会からの支援も受けている。同氏によると、今回の「前代未聞」の発見は、この一帯でキリスト教の影響力が強まるにつれて、ガリラヤに入植したユダヤ人が迫害を受けるようになったという考え方と矛盾するという。シナゴーグから見つかった芸術作品は、非常に質が高いだけでなく、視覚的表現を避けていたと考えられていた当時のユダヤ芸術において、豊かな視覚文化が存在していた証拠となるからだ。

 発掘されたフコックのモザイク画には、スパイ以外に、聖書に由来しない場面が描かれたものもあった。マグネス氏はこのモザイク画を、アレクサンドロス大王がこの地を訪れたとする伝説を描いたものではないかと考えている。(参考記事:「謎の古代モザイク画、秘められたユダヤ人への伝言」

「この発見から、古代末期のユダヤ教のことがわかります。活気にあふれ、ダイナミックで多様なものだったのです」とマグネス氏は話す。

 フコックの発掘調査は2019年まで続く予定だ。マグネス氏に次にどんなものが見つかるかについて聞くと、「今後、何が見つかるかは、何も言えません。フコックで見つかるものはすべて、想定できないようなものばかりですから」と話している。

イスラエル、フコックの古代シナゴーグの遺跡。2012年から発掘調査が続く。(PHOTOGRAPH BY ODED BALILTY, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像をタップでギャラリー表示]

おすすめ関連書籍

聖書の世界 [コンパクト版]

あなたの知らない聖書の世界。その新しい扉が今、開かれる――。

定価:本体5,800円+税

文=KRISTIN ROMEY/訳=鈴木和博